日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 琉球 >> 今帰仁城

今帰仁城

今帰仁城(琉球/沖縄県)

今帰仁城は沖縄本島の北部・本部半島に築かれた城で、北山王の居城であった。のちに琉球を統一する尚巴志は、1416年に今帰仁城を攻めるが、攻略できず撤退した。しかしその後、北山王・攀安知は部下の裏切りによって殺害され、これにより今帰仁城は尚巴志のものとなり、北山支配の中心地となった。
慶長9年(1609)には薩摩藩の軍勢が今帰仁城に襲来し、城は一度焼失した。さらに1665年には北山支配のための役割を終え、廃城になったと伝わる。

(2009/10/24 作成、2018/4/1 更新)



今帰仁城のみどころ
城への道
今帰仁城 城への道
大隅
今帰仁城 大隅
平郎門
今帰仁城 平郎門
平郎門脇見張り台
今帰仁城 平郎門脇見張り台
城内通路
今帰仁城 城内通路
大庭
今帰仁城 大庭
御内原
今帰仁城 御内原
主郭
今帰仁城 主郭
主郭門
今帰仁城 主郭門
志慶真門郭
今帰仁城 志慶真門郭
志慶真門
今帰仁城 志慶真門


琉球の城
首里城
今帰仁城
座喜味城
勝連城
中城城
浦添城
具志川城
糸数城
玉城城
知念城

沖縄県の城
首里城
今帰仁城
座喜味城
勝連城
中城城
浦添城
具志川城
糸数城
玉城城
知念城

[日本の城写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
今帰仁城 城への道

城への道

石垣の比較展示。左から今帰仁城、中城城、勝連城、首里城。今帰仁城の石垣は古い石灰岩が用いられ、灰色で硬いのが特徴。一方他3城の石垣は比較的新しい石灰岩を用いており、柔らかく加工しやすく、アーチ状の門などを作ることができた。

今帰仁城 大隅

大隅

大隅の石垣。大隅は広い面積があり、城兵たちの訓練の場と思われる。

今帰仁城 平郎門

平郎門

平郎門には石でできた狭間がある。門内からこの穴を通じて門外のようすを覗き、また時には攻撃を仕掛けたか。

今帰仁城 平郎門脇見張り台

平郎門脇見張り台

平郎門脇には門前を見張る台があった

今帰仁城 城内通路

城内通路

旧道のようす。現在の道は1960年に整備されたもので、往時は現在よりも右手側にあり、直線ではなかった。

今帰仁城 大庭

大庭

かつては何棟かの建物が建ち、また現在でも御嶽がある。往時も政治や祭祀が執り行われる重要な場所であった。

今帰仁城 御内原

御内原

御内原からの眺め。大隅の石垣と青い海が見える。御内原は居住空間として使われたと推測される。

今帰仁城 主郭

主郭

主郭のようす。城内で最も重要な曲輪。幾つもの建物の跡が残る

今帰仁城 主郭門

主郭門

主郭の志慶真門郭側の門。今は石垣の崩落を防ぐためか、補強がなされている。

今帰仁城 志慶真門郭

志慶真門郭

志慶真門郭の石垣。志慶真門郭には家臣たちが生活したと考えられており、掘立柱建物跡や階段、石畳道などが確認された。

今帰仁城 志慶真門

志慶真門

志慶真門郭に設けられた門。石垣が崩れてしまっており、通り抜けはできない


▼今帰仁城付近の地図


大きな地図を見る

▼今帰仁城が載っている本
▽日本100名城公式ガイドブック

▽よみがえる日本の城

▽Discover Japan 2013年6月号

▽琉球王国のグスク

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 琉球 >> 今帰仁城

Copyright(C) 2007-2018 日本の城写真集