大坂城 移築建築(都久夫須麻神社本殿) | 日本の城写真集

大坂城 移築建築(都久夫須麻神社本殿) | 日本の城写真集

  • 大坂城 移築建築(都久夫須麻神社本殿) 都久夫須麻神社本殿。本殿の身舎はかつては京都の豊国廟にあり、さらには豊臣秀吉時代の大坂城の遺構でもあったと考えられている。あるいは極楽橋の2階部分であったか。そうであったら、ここで秀吉政権の幹部であった増田長盛や前田玄以が政務を執ることもあった。
  • 大坂城 移築建築(都久夫須麻神社本殿) 都久夫須麻神社本殿を正面から。現在竹生島には都久夫須麻神社と宝厳寺の2つがあるが、これは明治4年の神仏分離に伴うもので、それまでは一体のものであった。
  • 大坂城 移築建築(都久夫須麻神社本殿) 本殿を見上げる。庇部分は永禄10年(1567)に再建されたもの。竹生島は元禄元年(1558)に全山焼失する火災に見舞われ、その後の再建である。なお元禄3年には浅井長政の父・久政が家臣から隠居を迫られ竹生島に移されたとの話もある。
  • 大坂城 移築建築(都久夫須麻神社本殿) 本殿の屋根
  • 大坂城 移築建築(都久夫須麻神社本殿) 本殿を正面から。内部は撮影禁止なので、外観の写真しか撮れない
大坂城写真撮影スポット紹介

本殿の身舎はかつては京都の豊国廟にあり、さらには豊臣秀吉時代の大坂城の遺構でもあったと考えられている。あるいは極楽橋の2階部分であったか。そうであったら、ここで秀吉政権の幹部であった増田長盛や前田玄以が政務を執ることもあった。庇部分は永禄10年(1567)に再建されたもの

写真

都久夫須麻神社本殿。本殿の身舎はかつては京都の豊国廟にあり、さらには豊臣秀吉時代の大坂城の遺構でもあったと考えられている。あるいは極楽橋の2階部分であったか。そうであったら、ここで秀吉政権の幹部であった増田長盛や前田玄以が政務を執ることもあった。

都久夫須麻神社本殿。本殿の身舎はかつては京都の豊国廟にあり、さらには豊臣秀吉時代の大坂城の遺構でもあったと考えられている。あるいは極楽橋の2階部分であったか。そうであったら、ここで秀吉政権の幹部であった増田長盛や前田玄以が政務を執ることもあった。

都久夫須麻神社本殿を正面から。現在竹生島には都久夫須麻神社と宝厳寺の2つがあるが、これは明治4年の神仏分離に伴うもので、それまでは一体のものであった。

都久夫須麻神社本殿を正面から。現在竹生島には都久夫須麻神社と宝厳寺の2つがあるが、これは明治4年の神仏分離に伴うもので、それまでは一体のものであった。

本殿を見上げる。庇部分は永禄10年(1567)に再建されたもの。竹生島は元禄元年(1558)に全山焼失する火災に見舞われ、その後の再建である。なお元禄3年には浅井長政の父・久政が家臣から隠居を迫られ竹生島に移されたとの話もある。

本殿を見上げる。庇部分は永禄10年(1567)に再建されたもの。竹生島は元禄元年(1558)に全山焼失する火災に見舞われ、その後の再建である。なお元禄3年には浅井長政の父・久政が家臣から隠居を迫られ竹生島に移されたとの話もある。

本殿の屋根

本殿の屋根

本殿を正面から。内部は撮影禁止なので、外観の写真しか撮れない

本殿を正面から。内部は撮影禁止なので、外観の写真しか撮れない

大坂城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編 仁木宏、福島克彦編集

大阪府中世城館事典 中西裕樹著

豊臣大坂城 笠谷和比古、黒田慶一著

大坂落城 戦国終焉の舞台 渡邊大門著

築城の名手 藤堂高虎 福井健二著

おすすめの本一覧へ
Page Top