日本の城写真集

日本の城写真集

大坂城

(摂津国/大阪府)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

現在大坂城のある地には、もともとは明応5年(1496)に建てられた石山本願寺があった。本願寺は戦国時代には毛利氏と結んで織田信長と敵対した。石山本願寺を城砦化して長期に渡って籠城するが、ついに信長と和睦し、石山本願寺は廃された。
その後、信長の死後に豊臣秀吉が大坂城を築いた。同時に上げられた天守は豪華絢爛で、金箔などで彩られていたと言われる。大坂城は豊臣政権の象徴として存在し、秀吉の死後も、その後継者である秀頼が在城した。
しかし慶長19年(1614)から翌年にかけて、大坂城に籠城する豊臣軍に対して徳川軍が攻撃をかけ、豊臣家が滅ぶとともに、この時大坂城も破壊された。その後、大坂城の再建が行われ、寛永6年(1629)に完成した。現在見る大坂城の縄張りはこの時のものであり、徳川家の大坂城は豊臣家の大坂城の上に新たに築かれた。石垣もより高いものになっていて、三重櫓も12棟建てられた。築城時に天守も再建されたが、落雷により焼失してしまった。
明治維新後には廃城されるが、昭和6年(1931)に市民の寄付によって天守が復興され、現在に至る。この復興天守も1997年に国の登録有形文化財に登録された。

日本三名城、日本百名城。信長の死後に豊臣秀吉が築いたが、天守は豪華絢爛で金箔などで彩られていたと言われる。その後、大坂の陣で城は破壊されるが、江戸幕府により築きなおされる。天守は昭和6年に復興され、現在に至る。

(2008/1/4 作成、2012/12/15 更新、2015/9/21 更新、2017/7/9 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

大手道

大手道

大手道を南側から見る

大手門高麗門

大手門高麗門

寛永5年(1628)の築城の際に建てられたもの。扉や親柱が黒塗総鉄板張である。

大手門枡形

大手門枡形

大手門枡形の巨石。左手の巨石はおよそ23畳敷(38平方メートル)、85tで第五位にあたる。巨石は徳川氏の大坂城再築時に天下普請で瀬戸内海から運ばれてきた。

大手門多聞櫓

大手門多聞櫓

徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。

千貫櫓

千貫櫓

元和六年(1620)の建築。千貫櫓という名前の櫓は石山本願寺時代に遡る。大手門に横矢を掛ける位置に建つ櫓で、大手門防御の拠点。

西の丸

西の丸

江戸時代には西の丸には南側に大坂城代屋敷があった。この屋敷は明治維新の際に焼失した。 写真は西の丸に建つ大阪迎賓館。

焔硝蔵

焔硝蔵

徳川時代の火薬庫で、当初は土造りであったが、落雷で大爆発を起こしたため花崗岩を用いて貞享2年(1685年)に再築された。

乾櫓

乾櫓

六番櫓

六番櫓

屏風折れの石垣。かつては石垣城に一番から七番まで七棟の櫓があった。現存するのは一番と六番の2棟。

南仕切門跡

南仕切門跡

石山本願寺推定地。当地は天文元年には本願寺の本拠となり、広大な寺内町が造営された。十一世顕如の時代に信長との石山合戦に敗れこの地から退去した。

桜門

桜門

寛永三年(1626)創建の門があったが、明治維新で失われた。現在の門は明治20年(1887)に陸軍が建てたもの。

本丸天守台

本丸天守台

金明水井戸屋形。小天守台上にあり江戸時代に掘られたもの。またこの井戸屋形は寛永三年(1626)の建造。この井戸は江戸時代は黄金水と呼ばれていた。

天守(二の丸から)

天守(二の丸から)

京橋口付近の内濠から見る天守。天守は昭和6年に復興され、現在に至る。

天守(本丸から)

天守(本丸から)

天守を本丸天守下仕切門跡付近から見る。天守は昭和6年に復興され、現在に至る。

本丸西面・北面

本丸西面・北面

西の丸から見る本丸石垣

本丸東面

本丸東面

青屋門付近から見る本丸石垣 。

本丸天守下仕切門跡

本丸天守下仕切門跡

東南側の石垣。天守台西側には南北に仕切る石垣があり、そこに門が設けられていた。

姫門跡

姫門跡

山里丸から本丸へ入る枡形門跡。東は山里丸、南は本丸、西は埋門で隠し曲輪へ通じる。

隠し曲輪

隠し曲輪

隠し曲輪の虎口。姫門の枡形から入る。

山里丸

山里丸

山里丸は本丸の一段下にある曲輪。秀吉はこの曲輪に茶室を設けた。大坂の陣の際には、淀君と豊臣秀頼はこの山里丸で最期を迎えたと言う。

山里口門跡

山里口門跡

山里口門跡の石垣。山里曲輪側。

玉造口

玉造口

玉造口付近の石垣と外濠

一番櫓

一番櫓

二の丸石垣上に建つ一番櫓

青屋門

青屋門

徳川家による大坂城築城時に建てられたが、明治維新で被災。その後修復されたが、太平洋戦争により大破。現在の門は昭和44年に残存する建材で復元されたもの。

内堀・極楽橋

内堀・極楽橋

内堀を巡る船と天守と豊臣家の家紋の入った幟。雰囲気抜群。

筋鉄門跡

筋鉄門跡

徳川大坂城築城の際に築かれた、京橋から北外曲輪への虎口。門扉が鉄板で補強された薬医門が建ち、大阪陸軍造兵廠の正門として使用されていたが、太平洋戦争の空襲で焼失した。

京橋口

京橋口

京橋口の石垣。石垣上には多聞櫓があったが、太平洋戦争時に焼失した。京橋口の名は、北の寝屋川(旧大和川)に京都へ通じる京橋が架けられていた事に由来する。

北仕切門跡

北仕切門跡

二の丸北側と西の丸は石垣で仕切られていて、この北仕切門からは通り抜けることができた。現在門は閉め切られている。

金蔵

金蔵

金貨・銀貨を収納した蔵。「きんぞう」と読む。宝暦元年(1751)に長屋状の建物を分割して建造されたもの。防犯のため、床下は石敷き、出入り口は三重構造であった。

三の丸北端石垣

三の丸北端石垣

豊臣時代の三の丸石垣。ドーンセンターの西側にある。慶長19年(1614)に大阪冬の陣後の講和で埋め立てられたものが発掘されたものが移築復元されている。

旧大和川左岸石垣

旧大和川左岸石垣

日本経済新聞の社屋建設の際に発見された石垣が移築展示されている。元和六年(1620)年の徳川大坂城築城の際に築かれた旧大和川左岸石垣と推定される。

三の丸石垣

三の丸石垣

追手門学院小学校東側に展示されている石垣。豊臣時代の三の丸石垣で、慶長19年(1614)に大阪冬の陣後の講和で埋め立てられたものが発掘された。

真田丸跡

真田丸跡

長らく真田丸がどこにあったのか不明であったが、近年の調査で大阪明星学園の敷地付近に相当することが分かり、学園脇には顕彰碑も建てられている。

大手門続櫓内部

大手門続櫓内部

枡形内に向けては石垣が綺麗に成形され銃眼が設けられている。ここから枡形内に侵入した敵を鉄砲で撃つ

大手門多聞櫓内部

大手門多聞櫓内部

多聞櫓内には普段は入れないが、特別公開時に入ることができる。非常に規模の大きな櫓門で、内部も屋根の高さなどスケールを感じさせる。

千貫櫓内部

千貫櫓内部

千貫櫓からは大手道が良く見通せる。少し距離があるので狙いを定めるのは難しい気もするが、銃を乱射すれば敵の侵入を阻めるか。

焔硝蔵内部

焔硝蔵内部

焔硝蔵内部。美しく規則的に組み上げられた石垣が見事。床も石が敷き詰められている。天井も長い石が横に渡っている。

大坂城付近の地図

大坂城が載っている本

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

日本100名城めぐりの旅

歴史人 2013年5月号 戦国城の合戦の真実

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

おすすめの本一覧へ
Page Top