大坂城 金蔵 | 日本の城写真集

大坂城 金蔵 | 日本の城写真集

  • 大坂城 金蔵 金蔵。金貨・銀貨を収納した蔵。「きんぞう」と読む。宝暦元年(1751)に長屋状の建物を分割して建造されたもの。
  • 大坂城 金蔵 防犯のため、床下は石敷き、出入り口は三重構造、さらに小窓には土戸と鉄格子、床下の通気口にも鉄格子がはめられていた。
  • 大坂城 金蔵 金蔵の内部には大小の2室があり、手前の大きな部屋には通常の出納用の、奥の小さな部屋には非常用の金貨・銀貨が保管された。
大坂城写真撮影スポット紹介

金貨・銀貨を収納した蔵。「きんぞう」と読む。宝暦元年(1751)に長屋状の建物を分割して建造されたもの。防犯のため、床下は石敷き、出入り口は三重構造であった。

写真

金蔵。金貨・銀貨を収納した蔵。「きんぞう」と読む。宝暦元年(1751)に長屋状の建物を分割して建造されたもの。

金蔵。金貨・銀貨を収納した蔵。「きんぞう」と読む。宝暦元年(1751)に長屋状の建物を分割して建造されたもの。

防犯のため、床下は石敷き、出入り口は三重構造、さらに小窓には土戸と鉄格子、床下の通気口にも鉄格子がはめられていた。

防犯のため、床下は石敷き、出入り口は三重構造、さらに小窓には土戸と鉄格子、床下の通気口にも鉄格子がはめられていた。

金蔵の内部には大小の2室があり、手前の大きな部屋には通常の出納用の、奥の小さな部屋には非常用の金貨・銀貨が保管された。

金蔵の内部には大小の2室があり、手前の大きな部屋には通常の出納用の、奥の小さな部屋には非常用の金貨・銀貨が保管された。

大坂城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

大阪府中世城館事典

豊臣大坂城

大坂落城 戦国終焉の舞台

築城の名手 藤堂高虎

おすすめの本一覧へ
Page Top