大坂城 大手門多聞櫓 | 日本の城写真集

大坂城 大手門多聞櫓 | 日本の城写真集

  • 大坂城 大手門多聞櫓 大手門のすぐ外から見る多聞櫓
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓。徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓の門を二の丸側から。石垣の組み方が独特で、複数個の巨石の間に平たい石を組み込んでバランスを保っている。
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓の門を二の丸側から
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓の門を二の丸側から。右手の石垣を見る。
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓内には床が設けられている
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓内には床が設けられている
  • 大坂城 大手門多聞櫓 切込ハギの美しい多聞櫓内の石垣。
  • 大坂城 大手門多聞櫓 鉄張りの堅固な門
大坂城写真撮影スポット紹介

徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。

写真

大手門のすぐ外から見る多聞櫓

大手門のすぐ外から見る多聞櫓

多聞櫓。徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。

多聞櫓。徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。

多聞櫓の門を二の丸側から。石垣の組み方が独特で、複数個の巨石の間に平たい石を組み込んでバランスを保っている。

多聞櫓の門を二の丸側から。石垣の組み方が独特で、複数個の巨石の間に平たい石を組み込んでバランスを保っている。

多聞櫓の門を二の丸側から

多聞櫓の門を二の丸側から

多聞櫓の門を二の丸側から。右手の石垣を見る。

多聞櫓の門を二の丸側から。右手の石垣を見る。

多聞櫓内には床が設けられている

多聞櫓内には床が設けられている

多聞櫓内には床が設けられている

多聞櫓内には床が設けられている

切込ハギの美しい多聞櫓内の石垣。

切込ハギの美しい多聞櫓内の石垣。

鉄張りの堅固な門

鉄張りの堅固な門

大坂城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

大阪府中世城館事典

豊臣大坂城

大坂落城 戦国終焉の舞台

築城の名手 藤堂高虎

おすすめの本一覧へ
Page Top