大坂城 本丸天守台 | 日本の城写真集

大坂城 本丸天守台 | 日本の城写真集

  • 大坂城 本丸天守台 残念石。残念石とは、せっかく切り出されたものの石垣として用いられなかった石の事。大坂城の石は小豆島から切り出され運ばれたが、これらの石は小豆島に残念石として残っていた。しかし近年大坂城に運ばれ展示されている。
  • 大坂城 本丸天守台 残念石
  • 大坂城 本丸天守台 天守台石垣
  • 大坂城 本丸天守台 天守台石垣
  • 大坂城 本丸天守台 天守台石垣。この上に天守が建つ
  • 大坂城 本丸天守台 金明水井戸屋形。この井戸は小天守台上にあり江戸時代に掘られたもの。またこの井戸屋形は寛永三年(1626)の建造。この井戸は江戸時代は黄金水と呼ばれており、金明水は天守の東側にあり、いつしか名前が入れ替わってしまった。
  • 大坂城 本丸天守台 号砲。1863年の製造で青銅でできている。天保山にあったものを明治維新後にここに移した。
  • 大坂城 本丸天守台 天守台の銃眼
大坂城写真撮影スポット紹介

金明水井戸屋形。小天守台上にあり江戸時代に掘られたもの。またこの井戸屋形は寛永三年(1626)の建造。この井戸は江戸時代は黄金水と呼ばれていた。

写真

残念石。残念石とは、せっかく切り出されたものの石垣として用いられなかった石の事。大坂城の石は小豆島から切り出され運ばれたが、これらの石は小豆島に残念石として残っていた。しかし近年大坂城に運ばれ展示されている。

残念石。残念石とは、せっかく切り出されたものの石垣として用いられなかった石の事。大坂城の石は小豆島から切り出され運ばれたが、これらの石は小豆島に残念石として残っていた。しかし近年大坂城に運ばれ展示されている。

残念石

残念石

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣。この上に天守が建つ

天守台石垣。この上に天守が建つ

金明水井戸屋形。この井戸は小天守台上にあり江戸時代に掘られたもの。またこの井戸屋形は寛永三年(1626)の建造。この井戸は江戸時代は黄金水と呼ばれており、金明水は天守の東側にあり、いつしか名前が入れ替わってしまった。

金明水井戸屋形。この井戸は小天守台上にあり江戸時代に掘られたもの。またこの井戸屋形は寛永三年(1626)の建造。この井戸は江戸時代は黄金水と呼ばれており、金明水は天守の東側にあり、いつしか名前が入れ替わってしまった。

号砲。1863年の製造で青銅でできている。天保山にあったものを明治維新後にここに移した。

号砲。1863年の製造で青銅でできている。天保山にあったものを明治維新後にここに移した。

天守台の銃眼

天守台の銃眼

大坂城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

大阪府中世城館事典

豊臣大坂城

大坂落城 戦国終焉の舞台

築城の名手 藤堂高虎

おすすめの本一覧へ
Page Top