松代城 鐘楼 | 日本の城写真集

松代城 鐘楼 | 日本の城写真集

  • 松代城 鐘楼 鐘楼。初代の鐘楼は初代藩主・真田信之が寛元年(1624)に建てたものだが、数回の火災の被害に遭い、現在の鐘楼は享和元年(1801)の建築。鐘は太平洋戦争に供出され、平成三年に造られた。
  • 松代城 鐘楼 鐘楼
  • 松代城 鐘楼 鐘楼
  • 松代城 鐘楼 鐘楼
  • 松代城 鐘楼 嘉永二年(1849)に佐久間象山が電信の実験にこの鐘楼ともう一つの建物を用い、成功した。日本最初の電信発祥の地の遺構でもある。
松代城写真撮影スポット紹介

初代の鐘楼は初代藩主・真田信之が寛元年(1624)に建てたものだが、数回の火災の被害に遭い、現在の鐘楼は享和元年(1801)の建築。

写真

鐘楼。初代の鐘楼は初代藩主・真田信之が寛元年(1624)に建てたものだが、数回の火災の被害に遭い、現在の鐘楼は享和元年(1801)の建築。鐘は太平洋戦争に供出され、平成三年に造られた。

鐘楼。初代の鐘楼は初代藩主・真田信之が寛元年(1624)に建てたものだが、数回の火災の被害に遭い、現在の鐘楼は享和元年(1801)の建築。鐘は太平洋戦争に供出され、平成三年に造られた。

鐘楼

鐘楼

鐘楼

鐘楼

鐘楼

鐘楼

嘉永二年(1849)に佐久間象山が電信の実験にこの鐘楼ともう一つの建物を用い、成功した。日本最初の電信発祥の地の遺構でもある。

嘉永二年(1849)に佐久間象山が電信の実験にこの鐘楼ともう一つの建物を用い、成功した。日本最初の電信発祥の地の遺構でもある。

松代城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

甲信越の名城を歩く 長野編 中澤克昭、河西克造編集

長野の山城ベスト50を歩く

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

廃城をゆく 2

Discover Japan 2013年6月号

おすすめの本一覧へ
Page Top