松代城 新御殿(真田邸) | 日本の城写真集

松代城 新御殿(真田邸) | 日本の城写真集

  • 松代城 新御殿(真田邸) 表門の冠木門
  • 松代城 新御殿(真田邸) 表門脇の長屋
  • 松代城 新御殿(真田邸) 表門脇の長屋
  • 松代城 新御殿(真田邸) 主殿。新御殿は元治元年(1864)に九代藩主・真田幸教によって建てられた御殿。当初は幸教の義母・貞松院の邸宅であったが、幸教の隠居所や、明治以降は真田家の私邸として使われた。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 主殿。新御殿は元治元年(1864)に九代藩主・真田幸教によって建てられた御殿。当初は幸教の義母・貞松院の邸宅であったが、幸教の隠居所や、明治以降は真田家の私邸として使われた。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 主殿内のようす。平成16年から大改修が行われた。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 主殿内のようす。ふすまには絵が描かれている
  • 松代城 新御殿(真田邸) 主殿内の廊下
  • 松代城 新御殿(真田邸) 主殿内のようす
  • 松代城 新御殿(真田邸) 主殿内のようす
  • 松代城 新御殿(真田邸) 主殿内のようす
  • 松代城 新御殿(真田邸) 邸宅の裏門
  • 松代城 新御殿(真田邸) 庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。
  • 松代城 新御殿(真田邸) 泉水枡
松代城写真撮影スポット紹介

元治元年(1864)に九代藩主真田幸教によって建てられた御殿。幸教の義母・貞松院の邸宅であったが、幸教の隠居所や真田家の私邸として使われた。

写真

表門の冠木門

表門の冠木門

表門脇の長屋

表門脇の長屋

表門脇の長屋

表門脇の長屋

主殿。新御殿は元治元年(1864)に九代藩主・真田幸教によって建てられた御殿。当初は幸教の義母・貞松院の邸宅であったが、幸教の隠居所や、明治以降は真田家の私邸として使われた。

主殿。新御殿は元治元年(1864)に九代藩主・真田幸教によって建てられた御殿。当初は幸教の義母・貞松院の邸宅であったが、幸教の隠居所や、明治以降は真田家の私邸として使われた。

主殿。新御殿は元治元年(1864)に九代藩主・真田幸教によって建てられた御殿。当初は幸教の義母・貞松院の邸宅であったが、幸教の隠居所や、明治以降は真田家の私邸として使われた。

主殿。新御殿は元治元年(1864)に九代藩主・真田幸教によって建てられた御殿。当初は幸教の義母・貞松院の邸宅であったが、幸教の隠居所や、明治以降は真田家の私邸として使われた。

主殿内のようす。平成16年から大改修が行われた。

主殿内のようす。平成16年から大改修が行われた。

主殿内のようす。ふすまには絵が描かれている

主殿内のようす。ふすまには絵が描かれている

主殿内の廊下

主殿内の廊下

主殿内のようす

主殿内のようす

主殿内のようす

主殿内のようす

主殿内のようす

主殿内のようす

邸宅の裏門

邸宅の裏門

庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

庭園。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

土蔵。全部で七棟ある。邸宅のみならず、土蔵や庭園なども残るのは珍しい。

泉水枡

泉水枡

松代城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

甲信越の名城を歩く 長野編 中澤克昭、河西克造編集

長野の山城ベスト50を歩く

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

廃城をゆく 2

Discover Japan 2013年6月号

おすすめの本一覧へ
Page Top