伏見城 移築建築(三井寺三重塔) | 日本の城写真集

伏見城 移築建築(三井寺三重塔) | 日本の城写真集

  • 伏見城 移築建築(三井寺三重塔) 滋賀県大津にある三井寺の三重塔。当初は大和の比蘇寺の塔であったが慶長二年(1597)に豊臣秀吉によって伏見城に移築され、慶長五年(1600)に徳川家康が三井寺に寄進した
  • 伏見城 移築建築(三井寺三重塔) 三重塔を別角度から
  • 伏見城 移築建築(三井寺三重塔) 三重塔。南北朝時代頃の建築とされている非常に古いもの。
  • 伏見城 移築建築(三井寺三重塔) 三重塔を別角度から
  • 伏見城 移築建築(三井寺三重塔) 三重塔
  • 伏見城 移築建築(三井寺三重塔) 三重塔
伏見城写真撮影スポット紹介

当初は大和の比蘇寺の塔であったが慶長二年(1597)に豊臣秀吉によって伏見城に移築され、慶長五年(1600)に徳川家康が三井寺に寄進した

写真

滋賀県大津にある三井寺の三重塔。当初は大和の比蘇寺の塔であったが慶長二年(1597)に豊臣秀吉によって伏見城に移築され、慶長五年(1600)に徳川家康が三井寺に寄進した

滋賀県大津にある三井寺の三重塔。当初は大和の比蘇寺の塔であったが慶長二年(1597)に豊臣秀吉によって伏見城に移築され、慶長五年(1600)に徳川家康が三井寺に寄進した

三重塔を別角度から

三重塔を別角度から

三重塔。南北朝時代頃の建築とされている非常に古いもの。

三重塔。南北朝時代頃の建築とされている非常に古いもの。

三重塔を別角度から

三重塔を別角度から

三重塔

三重塔

三重塔

三重塔

伏見城が載っている本

近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編 仁木宏、福島克彦編集

築城の名手 藤堂高虎 福井健二著

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

司馬遼太郎と城を歩く 司馬 遼太郎

歴史REAL 天下人の城

廃墟となった戦国名城 澤宮 優

おすすめの本一覧へ
Page Top