日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

本丸天守台

かつてここには天守が建っており、寛永三年(1626)に伏見城から移築されたと考えられる。寛延三年(1750)に落雷で焼失して以降、再建されなかった。

公式動画チャンネル

写真

天守台。本丸の南西隅にあり、石段で石垣を登って行く。かつてここには天守が建っており、寛永三年(1626)に伏見城から移築されたと考えられる。

天守台。本丸の南西隅にあり、石段で石垣を登って行く。かつてここには天守が建っており、寛永三年(1626)に伏見城から移築されたと考えられる。

石段を登って行く。かつて存在した天守は、地上5階、地下1階の規模の大きなもので、銅板の瓦が葺かれていたようである。

石段を登って行く。かつて存在した天守は、地上5階、地下1階の規模の大きなもので、銅板の瓦が葺かれていたようである。

石段はそのまま雁木となり続いてゆく。写真は北方向のようす

石段はそのまま雁木となり続いてゆく。写真は北方向のようす

天守は寛延三年(1750)に落雷で焼失して以来、再建されなかった。登り口左手の石垣の石は火災により変質している。

天守は寛延三年(1750)に落雷で焼失して以来、再建されなかった。登り口左手の石垣の石は火災により変質している。

ここを登れば天守台最上部にたどり着く。後水尾天皇は二条城に行幸した際に天守に2階登った。天守に天皇が登られたのは二条城だけと言われている。

ここを登れば天守台最上部にたどり着く。後水尾天皇は二条城に行幸した際に天守に2階登った。天守に天皇が登られたのは二条城だけと言われている。

天守台からの本丸の眺め。本丸御殿が見える。寛永三年(1626)に天守が建てられた際には、築城当初の天守が別の場所(今の清流園のあたり)に建っており、天守が二棟存在する珍しい時期があった。この方向、今の本丸御殿の向こうにもう一棟の天守が見えたのだろうか。

天守台からの本丸の眺め。本丸御殿が見える。寛永三年(1626)に天守が建てられた際には、築城当初の天守が別の場所(今の清流園のあたり)に建っており、天守が二棟存在する珍しい時期があった。この方向、今の本丸御殿の向こうにもう一棟の天守が見えたのだろうか。

天守台から南方の内堀を望む

天守台から南方の内堀を望む

天守台から南西の内堀を望む

天守台から南西の内堀を望む

天守台から西方の内堀を望む

天守台から西方の内堀を望む

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣全貌

天守台石垣全貌

本丸西橋付近から南側天守台石垣を見る

本丸西橋付近から南側天守台石垣を見る

二条城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

おすすめの本一覧へ
Page Top