二条城 西門 | 日本の城写真集

二条城 西門 | 日本の城写真集

  • 二条城 西門 二の丸西側の外堀を北から見る。左側に西門と、その正面に水濠に突出した石垣が見える。
  • 二条城 西門 西門を北から見る
  • 二条城 西門 西門を正面に見据える。寛永三年(1626)頃の建築で、当時は二条城の通用門で、木橋が架けられていた。木橋は明治以降に撤去されてしまった。
  • 二条城 西門 石垣をくりぬくように門が設けられている。いわゆる穴門形式である。
  • 二条城 西門 西門の北側のようす。門の左右の石垣上には土塁が少し存在する。
  • 二条城 西門 西門の南側のようす
  • 二条城 西門 慶応三年(1867)、大政奉還後の12月12日に徳川慶喜はわずかな家来を連れ、この二条城の裏門とも呼ぶべくこの西門から寂しく退去したという。
二条城写真撮影スポット紹介

寛永三年(1626)頃の建築。二条城の通用門であった。往時は木橋が架けられていたが明治以降に撤去され、今は濠を渡ることはできない。

写真

二の丸西側の外堀を北から見る。左側に西門と、その正面に水濠に突出した石垣が見える。

二の丸西側の外堀を北から見る。左側に西門と、その正面に水濠に突出した石垣が見える。

西門を北から見る

西門を北から見る

西門を正面に見据える。寛永三年(1626)頃の建築で、当時は二条城の通用門で、木橋が架けられていた。木橋は明治以降に撤去されてしまった。

西門を正面に見据える。寛永三年(1626)頃の建築で、当時は二条城の通用門で、木橋が架けられていた。木橋は明治以降に撤去されてしまった。

石垣をくりぬくように門が設けられている。いわゆる穴門形式である。

石垣をくりぬくように門が設けられている。いわゆる穴門形式である。

西門の北側のようす。門の左右の石垣上には土塁が少し存在する。

西門の北側のようす。門の左右の石垣上には土塁が少し存在する。

西門の南側のようす

西門の南側のようす

慶応三年(1867)、大政奉還後の12月12日に徳川慶喜はわずかな家来を連れ、この二条城の裏門とも呼ぶべくこの西門から寂しく退去したという。

慶応三年(1867)、大政奉還後の12月12日に徳川慶喜はわずかな家来を連れ、この二条城の裏門とも呼ぶべくこの西門から寂しく退去したという。

二条城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

築城の名手 藤堂高虎

織田信長の城

城から見た信長

カラー図解 城の攻め方・つくり方

日本100名城めぐりの旅

おすすめの本一覧へ
Page Top