姫路城 ちの門 | 日本の城写真集

姫路城 ちの門 | 日本の城写真集

  • 姫路城 ちの門 ちの門
  • 姫路城 ちの門 ちの門。2本の柱を上に冠木を置き、腕木によって軒桁をささえ、切妻の屋根を置いたもの。
  • 姫路城 ちの門 旧番所。備前丸と呼ばれていた御殿に通ずる重要な箇所なので、常時警備の武士がここに詰めて警戒に当たっていた。
  • 姫路城 ちの門 井郭櫓。ちの門から備前門に通ずる天守の東側に搦め手口を擁護するように置かれた。この櫓の内部は東、西、北の三室があり、西室の中央部に井戸を備え、井枠を囲んで流しの設備をつくり、井戸の深さは16.0m、水深1.0mで、つるべを釣っている。
姫路城写真撮影スポット紹介

2本の柱を上に冠木を置き、腕木によって軒桁をささえ、切妻の屋根を置いたもの。

写真

ちの門

ちの門

ちの門。2本の柱を上に冠木を置き、腕木によって軒桁をささえ、切妻の屋根を置いたもの。

ちの門。2本の柱を上に冠木を置き、腕木によって軒桁をささえ、切妻の屋根を置いたもの。

旧番所。備前丸と呼ばれていた御殿に通ずる重要な箇所なので、常時警備の武士がここに詰めて警戒に当たっていた。

旧番所。備前丸と呼ばれていた御殿に通ずる重要な箇所なので、常時警備の武士がここに詰めて警戒に当たっていた。

井郭櫓。ちの門から備前門に通ずる天守の東側に搦め手口を擁護するように置かれた。この櫓の内部は東、西、北の三室があり、西室の中央部に井戸を備え、井枠を囲んで流しの設備をつくり、井戸の深さは16.0m、水深1.0mで、つるべを釣っている。

井郭櫓。ちの門から備前門に通ずる天守の東側に搦め手口を擁護するように置かれた。この櫓の内部は東、西、北の三室があり、西室の中央部に井戸を備え、井枠を囲んで流しの設備をつくり、井戸の深さは16.0m、水深1.0mで、つるべを釣っている。

姫路城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

ひょうごの城めぐり 本岡勇一著

おしろツアーズ

城の科学 個性豊かな天守の「超」技術 萩原さちこ著

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

司馬遼太郎と城を歩く 司馬 遼太郎

おすすめの本一覧へ
Page Top