人吉城 | 日本の城写真集

人吉城 | 日本の城写真集

人吉城

肥後国熊本県 / 収録写真枚数:60枚

  • 人吉城 総曲輪 大手門
  • 人吉城 総曲輪 多聞櫓
  • 人吉城 総曲輪 隅櫓
  • 人吉城 総曲輪 御館石垣(武者返し)
  • 人吉城 総曲輪 水の手門
  • 人吉城 総曲輪 堀合門
  • 人吉城 総曲輪 御下門
  • 人吉城 三の丸下段
  • 人吉城 三の丸上段
  • 人吉城 二の丸
  • 人吉城 本丸
人吉城の写真撮影スポット紹介

人吉盆地を流れる球磨川と胸川の合流地点付近に築かれた城である。
鎌倉時代の建久九年(1198)に相良長頼が入城し、相良氏の居城として球磨地方の支配の拠点となった。やがて戦国時代には相良氏は戦国大名として成長し、そのまま江戸時代も球磨地方を治める大名として幕末まで存続した。
人吉城は元々は山城であったが、現在見られるような石垣造りの城郭は、慶長二年(1597)に着工され、寛永十六年(1639)に完成した。これにより、背後の山に本丸・二の丸・三の丸、麓の平地に総曲輪が配置された。
一部の石垣には、最上部に武者返しと呼ばれる天板が備えられるという特徴がある。

日本百名城。球磨川と胸川の合流地点付近に築かれた城。鎌倉時代に相良長頼が入城し、相良氏の居城として球磨地方の支配の拠点となった。やがて相良氏は戦国大名として成長し、江戸時代も球磨地方を治める大名として幕末まで存続した。

(2008/5/7 作成)

人吉城付近の地図

人吉城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

日本の山城100名城

Discover Japan 2013年6月号

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top