日本の城写真集

日本の城写真集

笠間城

(常陸国/茨城県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

笠間城は、下野守護・宇都宮家の一族である笠間時朝が築いたのが始まりと言われる。天正十八年(1590)の秀吉の関東征伐時に笠間氏は北条氏と結んだため改易された。関ヶ原合戦後には松平康重が城主となり、その後多くの城主を経て牧野氏が入り、幕末を迎えた。
山頂部分は石垣造りであり、現在でも遺構が残る。

笠間時朝が築いたのが始まりと言われる。天正十八年の秀吉の関東征伐時に笠間氏は北条氏と結んだため改易された。関ヶ原合戦後には松平康重が城主となり、その後牧野氏が入り幕末を迎えた。山頂部分は石垣造りであり現在でも遺構が残る。

(2007/10/8 作成、2013/6/9 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

千人溜り跡~

千人溜り跡~

現存する石垣

本丸跡~

本丸跡~

本丸からの眺め

天守跡

天守跡

天守へ登る途中の石垣

移築櫓(真浄寺七面堂)

移築櫓(真浄寺七面堂)

かつての笠間城の八幡台櫓。現在は真浄寺に移築され仏堂(七面堂)として使用されている。

移築城門1

移築城門1

市内に移築された笠間城城門のうちの一つ

移築城門2

移築城門2

市内に移築された笠間城城門のうちの一つ

笠間城付近の地図

笠間城が載っている本

よみがえる日本の城

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)

関東の名城を歩く 北関東編: 茨城・栃木・群馬

おすすめの本一覧へ
Page Top