日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

九戸城は明応年間(1492~1501)頃までに築城され、南部氏一族の九戸氏の居城となる。
1580年頃、当時の城主・九戸政実は、南部氏の後継者をめぐり南部信直と対立した。南部信直は秀吉の奥州仕置に従うが、政実は従わずに秀吉・信直と敵対する。天正19年(1591)、徳川家康・羽柴秀次などの奥州仕置軍の侵攻を受け、これに対し善戦するが、助命を条件に開城。ところがこれが秀吉側の謀略で、九戸政実をはじめ城内の兵士・庶民も全員処刑された。
戦後、南部信直はこの城を福岡城と改め、三戸城から九戸城へ居城を変えたが、1636年にさらに盛岡城に移ると廃城となった。
九戸城跡は中世の九戸城と近世の福岡城(本丸、二の丸)の二重構造からなっている。

明応年間(1492~1501)頃までに築城され、九戸氏の居城となる。天正19年(1591)、城主・九戸政実は秀吉の奥州仕置軍に対抗するが、謀略により全員処刑された。戦後、南部信直は福岡城と改め居城とし、盛岡城に移ると廃城となった。

(2007/10/12 作成)

公式動画チャンネル

九戸城付近の地図

九戸城が載っている本

よみがえる日本の城

お城の手帖

おすすめの本一覧へ
Page Top