名古屋城 本丸御殿(対面所) | 日本の城写真集

名古屋城 本丸御殿(対面所) | 日本の城写真集

  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 納戸次之間を見る
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 納戸次之間
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 天井の細工
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 対面所次之間。重厚な黒い天井と、爽やかな青と緑をつかった襖絵が対照的。この襖絵の舞台は和歌山とのことで、左には玉津島神社、正面右には和歌浦天満宮が描かれている。
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 対面所次之間。襖絵の舞台は和歌山で、左手前は紀三井寺が描かれている。
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 対面所上段之間。対面所は藩主と身内や家臣との私的な対面や宴会に使われた。天井は格縁が黒漆塗りで、天井板には金箔が押され、中央部が凹む二重折上げ小組格天井と呼ばれる形式である。
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 対面所上段之間は次之間とは一転、黒漆や金飾りで華やか。襖絵には京都の様子が描かれている。この面には賀茂競馬のようすが描かれている。
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 対面所上段之間。ここには京都愛宕山が描かれている
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 対面所上段之間。ここには田植えの様子が描かれている
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 鷺之廊下。対面所から上洛殿への廊下である。長押の上まで障壁画が描かれているのが特徴。天井も格縁が黒漆と金細工で豪華。
  • 名古屋城 本丸御殿(対面所) 鷺之廊下。対面所から上洛殿への廊下である。長押の上まで障壁画が描かれているのが特徴。天井も格縁が黒漆と金細工で豪華。
名古屋城写真撮影スポット紹介

対面所は藩主と身内や家臣との私的な対面や宴会に使われた。上段之間は天井は格縁が黒漆塗りで、天井板には金箔が押され、中央部が凹む二重折上げ小組格天井と呼ばれる形式である。

写真

納戸次之間を見る

納戸次之間を見る

納戸次之間

納戸次之間

天井の細工

天井の細工

対面所次之間。重厚な黒い天井と、爽やかな青と緑をつかった襖絵が対照的。この襖絵の舞台は和歌山とのことで、左には玉津島神社、正面右には和歌浦天満宮が描かれている。

対面所次之間。重厚な黒い天井と、爽やかな青と緑をつかった襖絵が対照的。この襖絵の舞台は和歌山とのことで、左には玉津島神社、正面右には和歌浦天満宮が描かれている。

対面所次之間。襖絵の舞台は和歌山で、左手前は紀三井寺が描かれている。

対面所次之間。襖絵の舞台は和歌山で、左手前は紀三井寺が描かれている。

対面所上段之間。対面所は藩主と身内や家臣との私的な対面や宴会に使われた。天井は格縁が黒漆塗りで、天井板には金箔が押され、中央部が凹む二重折上げ小組格天井と呼ばれる形式である。

対面所上段之間。対面所は藩主と身内や家臣との私的な対面や宴会に使われた。天井は格縁が黒漆塗りで、天井板には金箔が押され、中央部が凹む二重折上げ小組格天井と呼ばれる形式である。

対面所上段之間は次之間とは一転、黒漆や金飾りで華やか。襖絵には京都の様子が描かれている。この面には賀茂競馬のようすが描かれている。

対面所上段之間は次之間とは一転、黒漆や金飾りで華やか。襖絵には京都の様子が描かれている。この面には賀茂競馬のようすが描かれている。

対面所上段之間。ここには京都愛宕山が描かれている

対面所上段之間。ここには京都愛宕山が描かれている

対面所上段之間。ここには田植えの様子が描かれている

対面所上段之間。ここには田植えの様子が描かれている

鷺之廊下。対面所から上洛殿への廊下である。長押の上まで障壁画が描かれているのが特徴。天井も格縁が黒漆と金細工で豪華。

鷺之廊下。対面所から上洛殿への廊下である。長押の上まで障壁画が描かれているのが特徴。天井も格縁が黒漆と金細工で豪華。

鷺之廊下。対面所から上洛殿への廊下である。長押の上まで障壁画が描かれているのが特徴。天井も格縁が黒漆と金細工で豪華。

鷺之廊下。対面所から上洛殿への廊下である。長押の上まで障壁画が描かれているのが特徴。天井も格縁が黒漆と金細工で豪華。

名古屋城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

愛知の山城ベスト50を歩く 愛知中世城郭研究会

信長の城 千田嘉博著

天下人の城―信長から秀吉・家康へ 千田嘉博著

おしろツアーズ

石垣の名城 完全ガイド 千田嘉博著

おすすめの本一覧へ
Page Top