日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

熊本城、大坂城とともに日本三名城にあげられている。太平洋戦争の空襲により大小天守、本丸御殿はじめ建物の殆どが焼失したが、天守は1957年に外観復元された。本丸御殿は当初は慶長20年(1615)に建てられ、藩主の御殿として使用されたが、寛永11年(1634)には将軍の御殿として上洛殿が増築された。太平洋戦争の空襲で焼失したのち、平成21年から実測図面や写真などを資料として伝統工法に基づいた復元が行われ、平成25年に玄関、表書院が完成し公開された。2018年に全体が完成する予定である。
元々、名古屋城のある場所には那古野城という織田氏の支配する城があったが、この城は織田信長の支配下の時に廃城となった。その後徳川家康が慶長15年(1610)から西国大名を動員した天下普請で築城を開始し、慶長17年(1612年)に完成した。完成後は家康の九男・義直の居城となり、「尾張名古屋は城でもつ」と歌われるなど、その後江戸時代を通じて尾張藩の居城として栄えた。天守の屋根には金の鯱がとりつけられていたのが特徴であった。

日本三名城、日本百名城。天守は1957年に外観復元された。徳川家康が慶長15年(1610)から西国大名を動員した天下普請で築城を開始し、同17年に完成。家康の九男・義直の居城となり、江戸時代を通じて尾張藩の居城として栄えた。

(2007/6/1 作成、2010/11/21 更新、2013/8/12 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

名古屋城付近の地図

名古屋城が載っている本

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

日本100名城めぐりの旅

天下人の城―信長から秀吉・家康へ

信長の城

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top