松江城 明々庵 | 日本の城写真集

松江城 明々庵 | 日本の城写真集

  • 松江城 明々庵 明々庵の入口。赤山茶道会館の案内が見える。
  • 松江城 明々庵 茶室前にある腰掛待合。雪隠も設けられている。
  • 松江城 明々庵 腰掛待合を内側から
  • 松江城 明々庵 明々庵。松江藩主で茶人としても有名な松平不昧公が家老の有澤家に造った茶室。安永八年(1779)の建築。かつては東京の松平邸に移築されるなどしたが、昭和41年に現在の赤山の地に移築された。
  • 松江城 明々庵 入母屋造りで、屋根は茅葺。
  • 松江城 明々庵 茶室内部のようす
  • 松江城 明々庵 茶室への入口
  • 松江城 明々庵 茶室内部のようす
  • 松江城 明々庵 透塀。細かな細工が施されている。
  • 松江城 明々庵 赤山からは内堀越しに天守が見える
松江城写真撮影スポット紹介

松江藩主で茶人としても有名な松平不昧公が家老の有澤家に造った茶室。安永八年(1779)の建築。昭和41年に現在の赤山の地に移築された。

写真

明々庵の入口。赤山茶道会館の案内が見える。

明々庵の入口。赤山茶道会館の案内が見える。

茶室前にある腰掛待合。雪隠も設けられている。

茶室前にある腰掛待合。雪隠も設けられている。

腰掛待合を内側から

腰掛待合を内側から

明々庵。松江藩主で茶人としても有名な松平不昧公が家老の有澤家に造った茶室。安永八年(1779)の建築。かつては東京の松平邸に移築されるなどしたが、昭和41年に現在の赤山の地に移築された。

明々庵。松江藩主で茶人としても有名な松平不昧公が家老の有澤家に造った茶室。安永八年(1779)の建築。かつては東京の松平邸に移築されるなどしたが、昭和41年に現在の赤山の地に移築された。

入母屋造りで、屋根は茅葺。

入母屋造りで、屋根は茅葺。

茶室内部のようす

茶室内部のようす

茶室への入口

茶室への入口

茶室内部のようす

茶室内部のようす

透塀。細かな細工が施されている。

透塀。細かな細工が施されている。

赤山からは内堀越しに天守が見える

赤山からは内堀越しに天守が見える

松江城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

城の科学 個性豊かな天守の「超」技術 萩原さちこ著

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 萩原さちこ著

おすすめの本一覧へ
Page Top