日本の城写真集

日本の城写真集

和歌山城

(紀伊国/和歌山県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

和歌山城は紀伊を支配下に置いた豊臣秀吉の弟・秀長が天正13年(1585)に築いた城である。城は虎伏山に築かれたため、虎伏城とも呼ばれる。築城には、当時は秀長の部下で、後に名城を数多く築く事となる藤堂高虎も携わったと言う。桑山氏が城代を務めるが、桑山氏は関ヶ原合戦で東軍につき、大和新庄に転封された。代わって浅野幸長が和歌山城に入り、城を拡張し、この時下見板張りの黒い天守が建てられた。
さらに元和五年(1619)には浅野家が広島へ転封となり、かわりに駿府城から徳川家康の十男・頼宣が城主となった。これが徳川御三家の紀州藩の始まりである。これに伴って城の拡張が行われ、かつて築城に携わった藤堂高虎が再度拡張に関連したと伝わる。弘化三年(1846)に落雷による火災が発生し、天守などを焼失したが、嘉永三年(1850)に再建された。
明治維新により廃城となり、さらに太平洋戦争の空襲により嘉永年間に建てられた国宝の天守も焼失した。現在の天守は昭和33年に再建されたものである。

日本百名城。紀伊を支配下に置いた豊臣秀吉の弟・秀長が天正13年(1585)に築いた城。関ヶ原合戦後には浅野幸長が入り城を拡張した。さらに元和五年(1619)には浅野家が広島へ転封となり、かわりに駿府城から家康の十男・頼宣が城主となった。これが徳川御三家の紀州藩の始まりである。太平洋戦争の空襲により天守等を焼失した。現在の天守は昭和33年に再建されたもの。

(2007/8/10 作成、2013/4/15 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

大手門・一の橋

大手門・一の橋

大手門は明治四十二年(1909)に倒壊したが、昭和五十八年(1983)に古写真などを元に復元された。一の橋は大手門前に架かる橋である。

一中門跡

一中門跡

一中門は大手門から城内に進むと存在する最初の門。写真は一中門跡を通り過ぎたあたりの石垣で、和歌山県に多い緑泥片岩が使われている。

岡中門跡

岡中門跡

岡中門跡表坂側の高石垣を岡口門側から見る。隅石が美しい算木積みの石垣。

岡口門

岡口門

現存する門。築城当時の大手門。のちに現在の大手門に改められた。現在門は独立しているが、かつては両側に建物が繋がっていた。昭和35年に解体修理が行われた。

表坂

表坂

平地から主郭方面へ登っていく表坂。美しい石垣の間を表坂が何度か折り返しながら登っていく。

松の丸

松の丸

松の丸にある七福の庭。元和五年(1619)に徳川頼宣が和歌山城主となると、藩の隆盛を祈念するために本丸御殿の中庭に造営したと伝わる。廃城後に松の丸に移された。

一の門跡

一の門跡

天守付近から一の門跡付近を見下ろす。通路は直角に何度も折れ曲がり、そのたびに横矢を掛けて防御力を高めている。

天守

天守

建てられた当初は黒板張りであったが後に白壁に改められた。弘化三年に落雷で焼失するが再建され太平洋戦争の空襲で焼失。現在の天守は昭和33年に再建されたもの。

二之御門(楠木門)

二之御門(楠木門)

総楠木造りであったことから楠木門と呼ばれる。この門を抜けて天守へ向かう。

二之御門櫓

二之御門櫓

二之御門脇にある櫓。天守曲輪の南西を守る。

乾櫓

乾櫓

乾櫓を見上げる。乾櫓は天守曲輪の北西に位置する。

御台所

御台所

御台所は天守曲輪北側の多聞櫓にある。御台所下の石垣には埋門が設けられている

小天守

小天守

小天守を城内から。大天守に入るには、まず小天守から入る。

本丸跡

本丸跡

慶長五年(1600)の関ヶ原合戦後に、浅野幸長は本丸に本丸御殿を建てた。狭い御殿でだったのであまり利用されなかったと言う。その御殿は現在光恩寺に移築されている。

裏坂

裏坂

天守や本丸に北側から至るのが裏坂。裏坂の途中には「銀明水」と呼ばれる井戸跡がある。

二の丸

二の丸

二の丸御殿跡。御殿の一部は明治十八年に大坂城内に移築され紀州御殿として存在していたが、昭和四十六年(1946)に失火で焼失した。現在は二の丸庭園がある。

御廊下橋

御廊下橋

二の丸御殿と西の丸を結ぶ橋。藩主とお付の者だけが通行できた。そのため、外部から橋の通行が見えないよう廊下橋となっている。平成十八年(2006)に復元された。

西の丸庭園・紅葉渓庭園

西の丸庭園・紅葉渓庭園

西の丸は紀州徳川家初代の徳川頼宣の隠居所として作られた。御殿の他に、能舞台や庭園(現在の紅葉渓庭園)などが設けられた。

鶴の渓・鶴の門

鶴の渓・鶴の門

鶴の渓。切手門から砂の丸への鶴之門にかけての地帯を呼ぶ。浅野家時代に鶴を飼っていたことからこの名がついた。

砂の丸

砂の丸

砂の丸付近の石垣

追廻門

追廻門

元和五年(1619)の徳川頼宣入封後に城が拡張され、追廻門もこの時設けられた。現在建つ門は江戸時代に建てられたもの。魔除けの意味で朱に塗られたと言う。

不明門跡

不明門跡

城の鬼門にあたる門。徳川頼宣が城主となった際に設けられた。不明門の東側には南堀を、西側はもともと砂丘であったところに高石垣を築いた。

新裏坂

新裏坂

不明門跡から新裏坂を登ると天守曲輪に至る。

南の丸

南の丸

南の丸を松の丸から見下ろす。現在は動物園がある

移築御殿(光恩寺庫裏)

移築御殿(光恩寺庫裏)

光恩寺は天正十九年(1591)に創建された寺。明治時代に火災で焼失した際に、和歌山城の本丸御台所を移築してきたものである。

養翠園

養翠園

大浦湾に面する地にある庭園。十代藩主・徳川治宝が造営し、文政八年(1825)に完成した。現在もほぼ往時の姿をそのままに残している。

湊御殿

湊御殿

紀州藩主の別邸。現在の建物は十一代藩主・徳川斉順が天保五年(1834)に建てたもの。往時は市内の別の場所にあったが平成18年に養翠園に隣接する地に移築された。

和歌山城付近の地図

和歌山城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

関西の城―あっぱれ!愉快な城と城下町遊び

日本の城郭を歩く―古写真が語る名城50

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top