日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 琉球 >> 首里城

首里城

首里城(琉球/沖縄県)

首里城は琉球王国の国王の居城であった。城は石灰岩でできた丘に築かれ、建物は中国の影響を強く受けている。首里城の築城時期は不明だが、尚巴志が琉球を統一した頃(1429年頃)には存在したと思われる。
慶長14年(1609)には薩摩藩の侵攻を受け、琉球王国は日本と中国の両方に属すこととなり、公使が江戸と琉球を往復した。その後城は何度かの火災に見舞われるが、その度に再築された。1853年には黒船が琉球に来航し、首里城でペリー提督一行の歓迎式が開かれた。明治12年(1879)の琉球処分により琉球王国は終焉を迎え、首里城も王国の首府としての役割を終えた。
その後、城は軍施設として使われたが、太平洋戦争で破壊し尽くされた。戦後は跡地に琉球大学が建てられたがやがて移転し、城が復元された。首里城跡は世界遺産に登録されている。

(2009/11/21 作成、2018/4/1 更新)



首里城のみどころ
守礼門
首里城 守礼門
園比屋武御嶽石門
首里城 園比屋武御嶽石門
歓会門
首里城 歓会門
龍樋
首里城 龍樋
瑞泉門
首里城 瑞泉門
漏刻門
首里城 漏刻門
広福門
首里城 広福門
西のアザナ
首里城 西のアザナ
奉神門
首里城 奉神門
系図座・用物座
首里城 系図座・用物座
正殿・御庭
首里城 正殿・御庭
北殿
首里城 北殿
南殿・番所
首里城 南殿・番所
書院・鎖之間
首里城 書院・鎖之間
庭園
首里城 庭園
正殿内部
首里城 正殿内部
右掖門
首里城 右掖門
淑順門
首里城 淑順門
寄内ノ御嶽
首里城 寄内ノ御嶽
寒水川樋川
首里城 寒水川樋川
久慶門
首里城 久慶門
円鑑池
首里城 円鑑池
龍潭
首里城 龍潭
玉陵
首里城 玉陵
金城町石畳通り
首里城 金城町石畳通り

城内地図(別窓)


琉球の城
首里城
今帰仁城
座喜味城
勝連城
中城城
浦添城
具志川城
糸数城
玉城城
知念城

沖縄県の城
首里城
今帰仁城
座喜味城
勝連城
中城城
浦添城
具志川城
糸数城
玉城城
知念城

[日本の城写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
首里城 守礼門

守礼門

1527~1555の間に建てられたが、太平洋戦争で失われ、その後再建された。城の大手門の役割を果たす。日本の城の大手門とは異なり、防御性は無い。

首里城 園比屋武御嶽石門

園比屋武御嶽石門

門内には王府の祈願所である御嶽がある。1519年に造られたが太平洋戦争で破壊され、のちに復元され、世界遺産に指定された。門は琉球石灰岩でできている。

首里城 歓会門

歓会門

石垣で囲まれた城域に入る最初の門。1500年前後に建てられたが、沖縄戦で失われ、戦後再建された。アーチ状の石垣門の上に櫓門が載る形式。

首里城 龍樋

龍樋

龍の石彫刻は1523年に中国から設置された当時のものである。中国からの冊封使が来訪している時には毎日ここから那覇港近くの滞在地まで水が届けられたと言う。

首里城 瑞泉門

瑞泉門

龍樋の上にあり「瑞泉門」の名も龍樋に由来する。1470年頃の創建であったが、沖縄戦で失われ、1992年に復元された。直線状の石垣の上に櫓門が載る。

首里城 漏刻門

漏刻門

歓会門内付近から見る石垣と漏刻門。漏刻門内の水時計で時を計り、太鼓で時を知らせていた。15世紀頃の建築で、昭和初期に撤去されていたが、1992年に再建された。

首里城 広福門

広福門

門の左は争いを調停する「大与座」、右は神社仏閣を管理する「寺社座」という役所であった。創建は不明で明治末期に撤去されていたが、1992年に復元された。

首里城 西のアザナ

西のアザナ

西のアザナの石垣を外側から見る。首里城西端にあり、物見台の役割を果たした。那覇市内や那覇港を見渡せる。

首里城 奉神門

奉神門

中央の門は国王や中国からの使者などの高貴な身分の人のみ通ることができた。

首里城 系図座・用物座

系図座・用物座

系図座は士族の家系図や琉球の歴史書などを編集した役所。用物座は日用品や中国・薩摩藩・江戸幕府への貢物を保管した。1992年の復元。

首里城 正殿・御庭

正殿・御庭

中国の皇帝の住む紫禁城をモデルに造られたという。朱色が特徴で、中国では縁起の良い色とのこと。華麗な装飾が目を惹く。

首里城 北殿

北殿

中国との外交に用いられた建物で赤い色をしている。16世紀初めの創建で、沖縄戦で失われた後に再建された。

首里城 南殿・番所

南殿・番所

「南風御殿」とも呼ばれた薩摩藩からの藩士を迎えるための建物。他の建物が赤色の中、この建物だけが日本風の白木のままである。17世紀前半の建築で、沖縄戦で失われた後に復元された。

首里城 書院・鎖之間

書院・鎖之間

書院は国王が日ごろ政務を執った場所である。また薩摩藩の役人を接待する場所でもあった。

首里城 庭園

庭園

庭園は書院・鎖之間に隣接し、中国からの冊封使もその素晴らしさを讃える詩を詠んでいる。苅銘御嶽付近にも庭園がある。

首里城 正殿内部

正殿内部

正殿二階のようす。「大庫理」と呼ばれ、中央には玉座である「御差床」がある。非常に豪華絢爛で、儀礼や祝宴に使われた。中国国王から送られた御書の扁額がいくつも掲げられている。

首里城 右掖門

右掖門

右掖門は御内原と呼ばれる正殿裏側の国王の親族や女官の暮らす場所への門であった。創建は15世紀頃で、昭和初期に櫓門が撤去されたが、2000年に復元された。

首里城 淑順門

淑順門

国王や家族の暮らす御内原へ通じる表門。2010年に復元された

首里城 寄内ノ御嶽

寄内ノ御嶽

崖に穴が開けられ、その前に石垣が築かれている。女官たちの息抜きの場であったか?

首里城 寒水川樋川

寒水川樋川

「すんがーひーじゃー」と読む。龍樋とともに貴重な城内の水源。生活用水として使われた他、防火用水の役も担った。

首里城 久慶門

久慶門



首里城 円鑑池

円鑑池

円鑑池に架かる琉球石灰岩を用いた橋。沖縄戦で失われ、1969年に復元された。

首里城 龍潭

龍潭

龍潭。向こう側に城の建物が見える

首里城 玉陵

玉陵

「たまうどぅん」と読む。第二尚王家歴代の陵墓。首里城に隣接した地にある。沖縄石灰岩の石垣造りで、墓堂は岸壁に穴を開けて作られている。

首里城 金城町石畳通り

金城町石畳通り

首里城から南方に続く道で、約500年前に造られたものが今でも残る。優雅な曲線を描く石畳の道が美しい


▼首里城付近の地図


大きな地図を見る

▼首里城が載っている本
▽わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

▽日本100名城公式ガイドブック

▽よみがえる日本の城

▽Discover Japan 2013年6月号

▽琉球王国のグスク

▽司馬遼太郎と城を歩く

▽日本の城郭を歩く―古写真が語る名城50

▽図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編)

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 琉球 >> 首里城

Copyright(C) 2007-2018 日本の城写真集