日本の城写真集
▼城を選ぶ … 都道府県地図都道府県名収録全城一覧旧国地図旧国名日本の城Googleマップ織田信長勢力地図勢力地図(室町末期~江戸初期)
サイトトップ >> 遠江国 >> 掛川城

掛川城

掛川城(遠江国/静岡県)

天守が復元された城も多いが、掛川城もそのひとつであり、木造で復元された城の中では最も古いものである。この復元は江戸時代初期の姿の復元を目指した本格的なものであり、平成五年に完成した。また、城内には貴重な二の丸御殿も現存しており、内部の見学も可能である。
掛川城は今川氏が支配した時代に今川氏の重臣朝比奈氏によって築かれた。今川氏真が武田信玄により駿府を追い払われた際には掛川城に落ち伸びたが、徳川家康による攻撃を受け開城し、ここに戦国大名今川氏は滅亡した。
掛川城といえば、大河ドラマの主人公となった山内一豊が城主であったことが有名である。一豊は徳川家康の関東転封に伴い掛川城主となり、天守を建造した。その後、関ヶ原合戦の際には掛川城を徳川家康に献上することで東軍に味方する事を明らかにし、その功により戦後は大幅加増され、土佐一国に転封された。 江戸時代は幕末に太田氏の居城となり、明治維新を迎えた。

(2008/3/1 作成、 2013/3/23 更新)



掛川城のみどころ
大手門
掛川城 大手門
大手門番所
掛川城 大手門番所
四足門
掛川城 四足門
太鼓櫓
掛川城 太鼓櫓
天守への道
掛川城 天守への道
天守
掛川城 天守
二の丸御殿
掛川城 二の丸御殿
二の丸御殿内部
掛川城 二の丸御殿内部
二の丸
掛川城 二の丸
移築城門(円満寺山門)
掛川城 移築城門(円満寺山門)
移築城門(龍雲寺裏門)
掛川城 移築城門(龍雲寺裏門)
移築城門(油山寺山門)
掛川城 移築城門(油山寺山門)

城内地図(別窓)


遠江国の城
浜松城
掛川城
高天神城
横須賀城
小山城
諏訪原城
二俣城
鳥羽山城
高根城
社山城

静岡県の城
山中城
駿府城
丸子城
田中城
久能山城
興国寺城
深沢城
浜松城
掛川城
高天神城
横須賀城
小山城
諏訪原城
二俣城
鳥羽山城
高根城
社山城

[日本の城写真集]

[国一覧]
[収録全城一覧]
[メール]
掛川城 大手門

大手門

嘉永七年(1854)に地震で倒壊し、安政六年(1859)に再建されたが、のちに焼失した。現在の門は往時よりも50メートル北側に近年復元されたもの。

掛川城 大手門番所

大手門番所

大手門の脇で城内に立ち入る者の監視を行うための番所。嘉永七年(1854)に地震で倒壊し、安政六年(1859)に再建され現在に至る。

掛川城 四足門

四足門



掛川城 太鼓櫓

太鼓櫓

嘉永七年(1854)の大地震後に建てられたもので、昭和30年(1955)にここに移築された。

掛川城 天守への道

天守への道

天守は平成6年に木造で復元されたもので、木造で復元された城の中では最も古い。この復元は江戸時代初期の姿の復元を目指した本格的なもの。

掛川城 天守

天守

天守の白漆喰の鮮やかさが眩しい。また黒塗りの高欄も備える。地階には付櫓が付属し、ここから天守に入る。

掛川城 二の丸御殿

二の丸御殿

数少ない現存御殿。寛永七年(1854)の大地震で御殿が倒壊したため、安政二年(1855)から文久元年(1861)にかけて建築されたのが現在の御殿。

掛川城 二の丸御殿内部

二の丸御殿内部

二の丸御殿は内部の見学も可能である。

掛川城 二の丸

二の丸

三日月堀。その名の通り三日月型をしている。

掛川城 移築城門(円満寺山門)

移築城門(円満寺山門)

蕗の門とも呼ばれる。かつては掛川城内堀脇にあった。

掛川城 移築城門(龍雲寺裏門)

移築城門(龍雲寺裏門)



掛川城 移築城門(油山寺山門)

移築城門(油山寺山門)

掛川城の大手二之門であったと伝わる。万治二年(1659)の建築で、明治六年に油山寺に移築された。


▼掛川城付近の地図


大きな地図を見る

▼掛川城が載っている本
▽日本100名城公式ガイドブック

▽よみがえる日本の城(11) 駿府城・甲府城

▽Discover Japan 2013年6月号

▽図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧(東国編)

▽静岡の山城ベスト50を歩く

 他のお城本は推薦図書をチェック!

サイトトップ >> 遠江国 >> 掛川城

Copyright(C) 2007-2017 日本の城写真集