日本の城写真集

日本の城写真集

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

現在高知城のある地には、土佐の戦国大名・長宗我部元親が天正15年(1587)に築城した大高坂山城が存在していた。しかし水はけが悪いため、元親は浦戸城を築き本拠を移転させていた。
その後、関ヶ原合戦で功のあった山内一豊が土佐に封じられると、一豊は当初は浦戸城を居城とした。しかし、浦戸城は海運には適するものの、広い城下町を作る事ができず、そのため大高坂山に目を付けて城を築いた。
築城は慶長6年(1601)に開始され、本丸は同8年に完成し、城全体は同16年(1611)に完成した。この時には一豊は死去しており、二代忠義の代となっていた。
天守も上がったが、享保12年(1727)に大火が発生し、城の殆どと共に天守もまた焼失した。その後、焼失した城は再築され、天守も寛延元年(1748)に完成した。これが現存する天守である。この天守は望楼型天守で、廻縁を歩く事が出来る。
天守のほかにも、大手門や本丸御殿などの建造物が現存し、日本全国でも本丸の建物が全て残るのは高知城のみである。

日本百名城。関ヶ原合戦で功のあった山内一豊が土佐に封じられた際に大高坂山に築いた城。享保12年(1727)に天守などを焼失したが、再築され寛延元年(1748)に完成した。天守のほかにも、大手門や本丸御殿などの建造物が現存する。

(2006/10/1 作成、2009/1/2 更新、2011/12/23 更新、2017/4/16 更新)

公式動画チャンネル

高知城付近の地図

高知城が載っている本

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34

日本100名城めぐりの旅

廃城をゆく 2

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

おすすめの本一覧へ
Page Top