日本の城写真集

日本の城写真集

水戸城

(常陸国/茨城県)

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
見どころ紹介

水戸城は徳川御三家の城として知られる。元々は馬場氏、江戸氏の居城であったが、豊臣秀吉による関東征伐の際に江戸氏が北条氏側についたため、戦後江戸氏は改易され、常陸の戦国大名・佐竹氏の城となった。佐竹氏は居城を常陸太田城から水戸城に移し、改修を行った。
佐竹氏は関ヶ原合戦後に出羽に転封となり、代わって家康の五男・武田信吉が入り、信吉が若くして亡くなると十男・頼宣、次いで十一男・頼房が入った。この頼房が水戸徳川家の始祖となり、その子孫が幕末まで水戸城主を務めた。水戸黄門として知られる徳川光圀は、頼房の三男で水戸藩の2代藩主である。
関東の城らしく、石垣の無い土造りの城であった。また天守は建てられず、天守代用の御三階が二の丸に建てられていた。

日本百名城。徳川御三家の城として知られる。元々は馬場氏、江戸氏、佐竹氏の城であったが、佐竹氏は関ヶ原合戦後に出羽に転封となり、代わって家康の五男・武田信吉、十男・頼宣、次いで十一男・頼房が入った。この頼房が水戸徳川家の始祖である。

(2007/10/8 作成、2014/5/18 更新)

公式動画チャンネル

見どころ

弘道館

弘道館

水戸藩の藩校。天保12年(1841)に開館し、安政4年(1857)に本開館した。江戸幕府の最後の将軍・徳川慶喜も水戸藩邸に産まれ、弘道館で学んだ。

大手橋

大手橋

現在の大手橋のようす。三の丸から二の丸に入る虎口。

二の丸・本丸

二の丸・本丸

本丸と二の丸を隔てる空堀。現在は鉄道が敷設されている。

橋詰門

橋詰門

薬医門形式。水戸第一高校に移築されている。

水戸城付近の地図

水戸城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

よみがえる日本の城

Discover Japan 2013年6月号

日本の城郭を歩く―古写真が語る名城50

図説 よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城―決定版

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編)

おすすめの本一覧へ
Page Top