熊本城 二様の石垣 | 日本の城写真集

熊本城 二様の石垣 | 日本の城写真集

  • 熊本城 二様の石垣 東竹の丸から見る二様の石垣。武者返しの反りが美しい2種類の石垣が並ぶ熊本城を象徴する景観。それぞれ築かれた年代が異なり、右のよりなだらかな石垣が加藤清正時代、左の石垣は清正の息子・忠広時代の石垣と考えられるとのこと。
  • 熊本城 二様の石垣 二様の石垣の左に大天守が見える
  • 熊本城 二様の石垣 二様の石垣の左に大天守が見える
  • 熊本城 二様の石垣 二様の石垣。右のよりなだらかな石垣が加藤清正時代、左の石垣は右の石垣の約20年後に清正の息子・忠広時代の石垣と考えられるとのこと。左の新しい石垣の隅部は算木積みとなっているが、右の石垣は算木積みではない箱積みになっており、築城技術の進歩が垣間見られる。
  • 熊本城 二様の石垣 二様の石垣。武者返しの反りが美しい2種類の石垣が並ぶ熊本城を象徴する景観。左の石垣は右の石垣の約20年後に清正の息子・忠広時代の石垣とのこと。左の石垣は当初は加藤家の後に肥後に入った細川家によるものと言われていたが、2016年の震災後の調査で加藤忠広の時代の石垣と考えられるとのこと。
  • 熊本城 二様の石垣 二様の石垣と本丸御殿、大天守
熊本城写真撮影スポット紹介

東竹の丸から見る二様の石垣。時代の異なる石垣が重なっている。

写真

東竹の丸から見る二様の石垣。武者返しの反りが美しい2種類の石垣が並ぶ熊本城を象徴する景観。それぞれ築かれた年代が異なり、右のよりなだらかな石垣が加藤清正時代、左の石垣は清正の息子・忠広時代の石垣と考えられるとのこと。

東竹の丸から見る二様の石垣。武者返しの反りが美しい2種類の石垣が並ぶ熊本城を象徴する景観。それぞれ築かれた年代が異なり、右のよりなだらかな石垣が加藤清正時代、左の石垣は清正の息子・忠広時代の石垣と考えられるとのこと。

二様の石垣の左に大天守が見える

二様の石垣の左に大天守が見える

二様の石垣の左に大天守が見える

二様の石垣の左に大天守が見える

二様の石垣。右のよりなだらかな石垣が加藤清正時代、左の石垣は右の石垣の約20年後に清正の息子・忠広時代の石垣と考えられるとのこと。左の新しい石垣の隅部は算木積みとなっているが、右の石垣は算木積みではない箱積みになっており、築城技術の進歩が垣間見られる。

二様の石垣。右のよりなだらかな石垣が加藤清正時代、左の石垣は右の石垣の約20年後に清正の息子・忠広時代の石垣と考えられるとのこと。左の新しい石垣の隅部は算木積みとなっているが、右の石垣は算木積みではない箱積みになっており、築城技術の進歩が垣間見られる。

二様の石垣。武者返しの反りが美しい2種類の石垣が並ぶ熊本城を象徴する景観。左の石垣は右の石垣の約20年後に清正の息子・忠広時代の石垣とのこと。左の石垣は当初は加藤家の後に肥後に入った細川家によるものと言われていたが、2016年の震災後の調査で加藤忠広の時代の石垣と考えられるとのこと。

二様の石垣。武者返しの反りが美しい2種類の石垣が並ぶ熊本城を象徴する景観。左の石垣は右の石垣の約20年後に清正の息子・忠広時代の石垣とのこと。左の石垣は当初は加藤家の後に肥後に入った細川家によるものと言われていたが、2016年の震災後の調査で加藤忠広の時代の石垣と考えられるとのこと。

二様の石垣と本丸御殿、大天守

二様の石垣と本丸御殿、大天守

[PR]熊本城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城 香川元太郎(イラスト)

一城一話55の物語 戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ 松平定知著

おしろツアーズ

歴史REAL 天下人の城

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

日本100名城めぐりの旅 萩原さちこ著

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 萩原さちこ著

廃城をゆく 2

城を攻める 城を守る 伊東 潤

Discover Japan 2013年6月号

図説 よみがえる名城漆黒の要塞豊臣の城―決定版 加藤理文、橋場日月著

図説 縄張のすべて 加藤理文著

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編) 三浦 正幸

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top