備中松山城 天守 | 日本の城写真集

備中松山城 天守 | 日本の城写真集

  • 備中松山城 天守 天守を見る。二層二階の現存天守で、山城に天守が現存するのはここ備中松山城のみ。天守台石垣は岩盤上に築かれている。
  • 備中松山城 天守 天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。
  • 備中松山城 天守 天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。
  • 備中松山城 天守 天守を脇からみる。現在は石段を登ってアプローチするようになっているが、往時は左の接続廊下から手前に渡り廊下が伸び、八の平櫓に接続していた。天守には八の平櫓に入って多聞櫓を通って向かった。
  • 備中松山城 天守 天守入口に向かう石段。石垣は比較的小さな石で組まれている
  • 備中松山城 天守 天守には脇の接続廊下から入る。接続廊下は天守台石垣に接するように建てられており、天守地下一階の高さに相当する。
  • 備中松山城 天守 天守を右手に回り込んで見る、天守南東側側面
  • 備中松山城 天守 天守の背後に回り込む通路。腕木御門が見える
  • 備中松山城 天守 天守裏側から見上げる
備中松山城写真撮影スポット紹介

二層二階の現存天守で、山城に天守が現存するのは備中松山城のみである。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られ「竪板張り」と呼ばれる。

写真

天守を見る。二層二階の現存天守で、山城に天守が現存するのはここ備中松山城のみ。天守台石垣は岩盤上に築かれている。

天守を見る。二層二階の現存天守で、山城に天守が現存するのはここ備中松山城のみ。天守台石垣は岩盤上に築かれている。

天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。

天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。

天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。

天守を見上げる。白漆喰と板張り部分の黒の対比が美しい。板張りの部分は板が縦方向に張られる「竪板張り」と呼ばれるもの。通常の「下見板張り」は板が横方向に張られている。

天守を脇からみる。現在は石段を登ってアプローチするようになっているが、往時は左の接続廊下から手前に渡り廊下が伸び、八の平櫓に接続していた。天守には八の平櫓に入って多聞櫓を通って向かった。

天守を脇からみる。現在は石段を登ってアプローチするようになっているが、往時は左の接続廊下から手前に渡り廊下が伸び、八の平櫓に接続していた。天守には八の平櫓に入って多聞櫓を通って向かった。

天守入口に向かう石段。石垣は比較的小さな石で組まれている

天守入口に向かう石段。石垣は比較的小さな石で組まれている

天守には脇の接続廊下から入る。接続廊下は天守台石垣に接するように建てられており、天守地下一階の高さに相当する。

天守には脇の接続廊下から入る。接続廊下は天守台石垣に接するように建てられており、天守地下一階の高さに相当する。

天守を右手に回り込んで見る、天守南東側側面

天守を右手に回り込んで見る、天守南東側側面

天守の背後に回り込む通路。腕木御門が見える

天守の背後に回り込む通路。腕木御門が見える

天守裏側から見上げる

天守裏側から見上げる

[PR]備中松山城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城 香川元太郎(イラスト)

図説 正保城絵図 千田嘉博

今日から歩ける!超入門 山城へGO! 萩原さちこ

司馬遼太郎と城を歩く 司馬 遼太郎

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

日本の山城100名城 かみゆ著

日本100名城めぐりの旅 萩原さちこ著

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 萩原さちこ著

Discover Japan 2013年6月号

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (西国編) 三浦 正幸

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top