安土城 天主台石段 | 日本の城写真集

安土城 天主台石段 | 日本の城写真集

  • 安土城 天主台石段 本丸から天主台に至る石段。天主に居住した織田信長も日々この石段を昇降したのだろう。
  • 安土城 天主台石段 木漏れ日の中の石段を一段ずつ踏みしめて登る
  • 安土城 天主台石段 何度かの屈曲をへて天主台に至る
  • 安土城 天主台石段 「天主閣址」の石碑が見える。「天主」という文字を使うのは安土城だけ。通常は「天守」である。通常城主は天守には居住しないが、信長は天主に居住した。
  • 安土城 天主台石段 石段の踊場には石が敷き詰められている。この石は越前国でしか取れない笏谷石で、越前を平定した信長の重臣・柴田勝家が進上したものと言われる。石の数は14個で、長方形をしており、厚さは5cm程と薄く、表面はのみで平たく細工されている。中央付近の石は割れてしまっているが、両脇の石には割れずに残っているものがある。
  • 安土城 天主台石段 ここで道は右に折れて進む。手前に笏谷石の敷石が見え、その左右には門の礎石がある。内開きの門があったと言う。礎石の奥にある3つの石は門が開かないので後世に階段を登りやすくするために置かれた石と思われる。
  • 安土城 天主台石段 天主台跡が見えてきた
安土城写真撮影スポット紹介

本丸から天主台に至る石段。織田信長も日々この石段を昇降したのだろう。踊場に敷き詰められた石は越前国の笏谷石と呼ばれ、越前を平定した柴田勝家が進上したものこと。

写真

本丸から天主台に至る石段。天主に居住した織田信長も日々この石段を昇降したのだろう。

本丸から天主台に至る石段。天主に居住した織田信長も日々この石段を昇降したのだろう。

木漏れ日の中の石段を一段ずつ踏みしめて登る

木漏れ日の中の石段を一段ずつ踏みしめて登る

何度かの屈曲をへて天主台に至る

何度かの屈曲をへて天主台に至る

「天主閣址」の石碑が見える。「天主」という文字を使うのは安土城だけ。通常は「天守」である。通常城主は天守には居住しないが、信長は天主に居住した。

「天主閣址」の石碑が見える。「天主」という文字を使うのは安土城だけ。通常は「天守」である。通常城主は天守には居住しないが、信長は天主に居住した。

石段の踊場には石が敷き詰められている。この石は越前国でしか取れない笏谷石で、越前を平定した信長の重臣・柴田勝家が進上したものと言われる。石の数は14個で、長方形をしており、厚さは5cm程と薄く、表面はのみで平たく細工されている。中央付近の石は割れてしまっているが、両脇の石には割れずに残っているものがある。

石段の踊場には石が敷き詰められている。この石は越前国でしか取れない笏谷石で、越前を平定した信長の重臣・柴田勝家が進上したものと言われる。石の数は14個で、長方形をしており、厚さは5cm程と薄く、表面はのみで平たく細工されている。中央付近の石は割れてしまっているが、両脇の石には割れずに残っているものがある。

ここで道は右に折れて進む。手前に笏谷石の敷石が見え、その左右には門の礎石がある。内開きの門があったと言う。礎石の奥にある3つの石は門が開かないので後世に階段を登りやすくするために置かれた石と思われる。

ここで道は右に折れて進む。手前に笏谷石の敷石が見え、その左右には門の礎石がある。内開きの門があったと言う。礎石の奥にある3つの石は門が開かないので後世に階段を登りやすくするために置かれた石と思われる。

天主台跡が見えてきた

天主台跡が見えてきた

[PR]安土城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編 仁木宏、福島克彦編集

近江の山城ベスト50を歩く 中井 均

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城 香川元太郎(イラスト)

一城一話55の物語 戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ 松平定知著

織田信長の城 加藤理文著

城から見た信長 千田嘉博、下坂守、河内将芳、土平博著

信長の城 千田嘉博著

天下人の城―信長から秀吉・家康へ 千田嘉博著

おしろツアーズ

今日から歩ける!超入門 山城へGO! 萩原さちこ

司馬遼太郎と城を歩く 司馬 遼太郎

石垣の城を極める!~廃城をゆく 6~

歴史REAL 天下人の城

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

日本の城事典 千田嘉博著

日本の山城100名城 かみゆ著

日本100名城めぐりの旅 萩原さちこ著

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 萩原さちこ著

廃城をゆく

廃墟となった戦国名城 澤宮 優

よみがえる日本の城22

おすすめの本一覧へ
Page Top