金沢城 本丸 | 日本の城写真集

金沢城 本丸 | 日本の城写真集

  • 金沢城 本丸 鉄門石垣。鉄門は本丸への入口で、櫓門が設けられ、鉄門というその名から鉄板貼の門扉が設けられていた事が分かる。
  • 金沢城 本丸 鉄門石垣
  • 金沢城 本丸 鉄門石垣
  • 金沢城 本丸 本丸北西角にある戌亥櫓跡。戊亥櫓は二重の櫓であったが、1759年に焼失した。
  • 金沢城 本丸 戌亥櫓跡からの二の丸の眺め
  • 金沢城 本丸 本丸に残る池。本丸には金沢御坊があったと伝わり、前田利家が金沢に入ってから本丸に天守が上げられた。寛永の大火までは本丸御殿も建っていた。
  • 金沢城 本丸 本丸南東角にある辰巳櫓跡。辰巳櫓は長屋を伴った櫓であったが、宝暦の大火で消失して以降は再建されなかった。
  • 金沢城 本丸 辰巳櫓跡からの眺め。鯉喉櫓台やいもり堀などが見える。
  • 金沢城 本丸 丑寅櫓跡。本丸北東隅にあり、ここに建っていた櫓は宝暦の大火後に再建される事はなかった。
  • 金沢城 本丸 丑寅櫓跡からの眺め(城内方面)。鶴丸倉庫などが見える。
  • 金沢城 本丸 丑寅櫓跡からの眺め(百間堀・兼六園方面)
金沢城写真撮影スポット紹介

本丸には10の多重櫓が建ち、周囲を多聞櫓が周囲を囲んでいた。かつては金沢大学の植物園になっており、貴重な植物もある。前田利家の建てた天守もあったが焼失した。

写真

鉄門石垣。鉄門は本丸への入口で、櫓門が設けられ、鉄門というその名から鉄板貼の門扉が設けられていた事が分かる。

鉄門石垣。鉄門は本丸への入口で、櫓門が設けられ、鉄門というその名から鉄板貼の門扉が設けられていた事が分かる。

鉄門石垣

鉄門石垣

鉄門石垣

鉄門石垣

本丸北西角にある戌亥櫓跡。戊亥櫓は二重の櫓であったが、1759年に焼失した。

本丸北西角にある戌亥櫓跡。戊亥櫓は二重の櫓であったが、1759年に焼失した。

戌亥櫓跡からの二の丸の眺め

戌亥櫓跡からの二の丸の眺め

本丸に残る池。本丸には金沢御坊があったと伝わり、前田利家が金沢に入ってから本丸に天守が上げられた。寛永の大火までは本丸御殿も建っていた。

本丸に残る池。本丸には金沢御坊があったと伝わり、前田利家が金沢に入ってから本丸に天守が上げられた。寛永の大火までは本丸御殿も建っていた。

本丸南東角にある辰巳櫓跡。辰巳櫓は長屋を伴った櫓であったが、宝暦の大火で消失して以降は再建されなかった。

本丸南東角にある辰巳櫓跡。辰巳櫓は長屋を伴った櫓であったが、宝暦の大火で消失して以降は再建されなかった。

辰巳櫓跡からの眺め。鯉喉櫓台やいもり堀などが見える。

辰巳櫓跡からの眺め。鯉喉櫓台やいもり堀などが見える。

丑寅櫓跡。本丸北東隅にあり、ここに建っていた櫓は宝暦の大火後に再建される事はなかった。

丑寅櫓跡。本丸北東隅にあり、ここに建っていた櫓は宝暦の大火後に再建される事はなかった。

丑寅櫓跡からの眺め(城内方面)。鶴丸倉庫などが見える。

丑寅櫓跡からの眺め(城内方面)。鶴丸倉庫などが見える。

丑寅櫓跡からの眺め(百間堀・兼六園方面)

丑寅櫓跡からの眺め(百間堀・兼六園方面)

[PR]金沢城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

戦国の北陸動乱と城郭 佐伯哲也著

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城 香川元太郎(イラスト)

一城一話55の物語 戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ 松平定知著

おしろツアーズ

石垣の名城 完全ガイド 千田嘉博著

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

日本100名城めぐりの旅 萩原さちこ著

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 萩原さちこ著

Discover Japan 2013年6月号

図説 よみがえる名城漆黒の要塞豊臣の城―決定版 加藤理文、橋場日月著

図説 縄張のすべて 加藤理文著

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編) 三浦 正幸

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top