江戸城 天守台 | 日本の城写真集

江戸城 天守台 | 日本の城写真集

  • 江戸城 天守台 天守台石垣。かつては天守がこの石垣上に建っていたが、明暦3年(1657)の明暦の大火で焼失した。それ以降は石垣が残るのみである。
  • 江戸城 天守台 天守台石垣。天守は3回建てられた。初代天守は慶長12年(1607)に徳川家康が、二代目は元和8年(1622)に秀忠が、三代目は寛永14年(1637)に家光が建造した。
  • 江戸城 天守台 手前は小天守台
  • 江戸城 天守台 天守台石垣
  • 江戸城 天守台 小天守台
  • 江戸城 天守台 天守台石垣
  • 江戸城 天守台 天守台石垣
  • 江戸城 天守台 天守台石垣
  • 江戸城 天守台 天守台石垣
  • 江戸城 天守台 天守への登り口付近の石垣
  • 江戸城 天守台 天守への登り道
  • 江戸城 天守台 天守台上のようす
  • 江戸城 天守台 天守台上から天守への登り道を見下ろす
  • 江戸城 天守台 天守台上のようす
江戸城写真撮影スポット紹介

寛永の天守が明暦3年(1657)の明暦の大火で焼失したのち、現在の天守台石垣に築きなおされた。しかし、その上に天守が建てられることは無かった。

写真

天守台石垣。かつては天守がこの石垣上に建っていたが、明暦3年(1657)の明暦の大火で焼失した。それ以降は石垣が残るのみである。

天守台石垣。かつては天守がこの石垣上に建っていたが、明暦3年(1657)の明暦の大火で焼失した。それ以降は石垣が残るのみである。

天守台石垣。天守は3回建てられた。初代天守は慶長12年(1607)に徳川家康が、二代目は元和8年(1622)に秀忠が、三代目は寛永14年(1637)に家光が建造した。

天守台石垣。天守は3回建てられた。初代天守は慶長12年(1607)に徳川家康が、二代目は元和8年(1622)に秀忠が、三代目は寛永14年(1637)に家光が建造した。

手前は小天守台

手前は小天守台

天守台石垣

天守台石垣

小天守台

小天守台

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣

天守台石垣

天守への登り口付近の石垣

天守への登り口付近の石垣

天守への登り道

天守への登り道

天守台上のようす

天守台上のようす

天守台上から天守への登り道を見下ろす

天守台上から天守への登り道を見下ろす

天守台上のようす

天守台上のようす

[PR]江戸城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

関東の名城を歩く 南関東編: 埼玉・千葉・東京・神奈川 峰岸純夫、齋藤慎一編集

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城 香川元太郎(イラスト)

歴史作家の城めぐり 〈増補改訂版〉 伊東潤著、西股総生監修

廃城をゆく 7 “再発見"街中の名城

一城一話55の物語 戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ 松平定知著

江戸城の全貌―世界的巨大城郭の秘密 萩原さちこ著

築城の名手 藤堂高虎 福井健二著

石垣の名城 完全ガイド 千田嘉博著

司馬遼太郎と城を歩く 司馬 遼太郎

歴史REAL 天下人の城

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

日本100名城めぐりの旅 萩原さちこ著

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 萩原さちこ著

Discover Japan 2013年6月号

図説 よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城―決定版 加藤理文、溝口彰啓著

図説 縄張のすべて 加藤理文著

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編) 三浦 正幸

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top