江戸城 | 日本の城写真集

江戸城 | 日本の城写真集

江戸城

武蔵国東京都 / 収録写真枚数:220枚

  • 江戸城 桜田門高麗門
  • 江戸城 桜田門櫓門
  • 江戸城 西の丸大手門
  • 江戸城 二重橋
  • 江戸城 伏見櫓
  • 江戸城 坂下門
  • 江戸城 桔梗門高麗門
  • 江戸城 桔梗門櫓門
  • 江戸城 巽櫓
  • 江戸城 大手門高麗門
  • 江戸城 大手門櫓門
  • 江戸城 日比谷見附
  • 江戸城 馬場先門跡
  • 江戸城 和田倉橋
  • 江戸城 和田倉門
  • 江戸城 同心番所
  • 江戸城 白鳥濠
  • 江戸城 百人番所
  • 江戸城 中之門跡
  • 江戸城 大番所
  • 江戸城 本丸
  • 江戸城 富士見櫓
  • 江戸城 富士見多聞櫓・蓮池濠
  • 江戸城 天守台
  • 江戸城 北桔橋門
  • 江戸城 梅林坂
  • 江戸城 平川門
  • 江戸城 乾門
  • 江戸城 清水門
  • 江戸城 田安門
  • 江戸城 半蔵門
  • 江戸城 常盤橋門跡
江戸城の写真撮影スポット紹介

江戸城は、扇谷上杉家の家臣である太田道灌が長禄元年(1457)に築いたのが始まりと言われる。この頃の江戸城は今よりも相当小さい規模であった。
その後江戸城は相模の北条氏の手に渡り、北条氏の関東支配の拠点となった。当時から江戸は海運により相模・房総方面と、大河により関東平野北部方面との交通の便の良い立地であった。
北条氏が豊臣秀吉によって滅ぼされると、関東には徳川家康が転封された。家康は北条氏の本拠城であった小田原城ではなく、江戸城を本拠城とした。しかしこの時点では家康は秀吉の家臣であり、城を大幅に拡張する事は避けていた。
関ヶ原合戦後、江戸幕府が開かれてからは江戸城は幕府の首都となった。同時に天下普請による城の大幅な拡張に着手し、神田山を切り崩して平地とし、その土砂で日比谷入り江を埋め立てて城地を増やした。石垣に用いる巨石は伊豆半島から海路で運ばれ、城門の堅固な枡形石垣などが造られた。しかし城全体が石垣で囲われている訳ではなく、土塁も併用されている。これらの築城工事には全国の大名が動員され、「天下普請」によって築かれた
江戸城の天守は幕府の威厳を示すために日本一の規模を誇った。家康は豊臣家の大坂城よりも大きな天守を築き、秀忠はさらに大きな天守を建て、家光はさらにそれを再建した。しかし、明暦3年(1657)の明暦の大火(振袖火事)で焼失して以降、財政上の理由もあり再建されなかった。
城域は広大で、現在の隅田川、中央線沿いの神田川、赤坂・虎ノ門・新橋で囲まれる範囲までが外郭を構成した。また内郭は本丸、二の丸、三の丸、西の丸、北の丸などで構成される。西の丸は明治2年(1869)の遷都以降は皇居として使用され立ち入りができないが、それ以外の部分は東御苑、外苑、北の丸公園などとして開放されている。

日本百名城。太田道灌が築いたのが始まりと言われる。その後北条氏の手に渡り、北条氏滅亡後は徳川家康が入った。江戸幕府開府後は幕府の首都となり、城が「天下普請」で拡張され日本一の規模の天守も上げられた。現在は皇居として使用される。

(2009/10/18 作成)

江戸城の写真撮影スポット

当サイト管理人(けいすけ)が全写真を撮影。江戸城の人気の撮影スポットをご紹介します。

江戸城付近の地図

[PR]江戸城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

関東の名城を歩く 南関東編: 埼玉・千葉・東京・神奈川 峰岸純夫、齋藤慎一編集

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城 香川元太郎(イラスト)

歴史作家の城めぐり 〈増補改訂版〉 伊東潤著、西股総生監修

廃城をゆく 7 “再発見"街中の名城

一城一話55の物語 戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ 松平定知著

江戸城の全貌―世界的巨大城郭の秘密 萩原さちこ著

築城の名手 藤堂高虎 福井健二著

石垣の名城 完全ガイド 千田嘉博著

司馬遼太郎と城を歩く 司馬 遼太郎

歴史REAL 天下人の城

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

日本100名城めぐりの旅 萩原さちこ著

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 萩原さちこ著

Discover Japan 2013年6月号

図説 よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城―決定版 加藤理文、溝口彰啓著

図説 縄張のすべて 加藤理文著

図説江戸三百藩「城と陣屋」総覧―決定版 (東国編) 三浦 正幸

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top