根城 本丸 主殿 | 日本の城写真集

根城 本丸 主殿 | 日本の城写真集

  • 根城 本丸 主殿 主殿。城主が来客と接したり、行事を行うための建物で、城内で最も重要な建物と言えるだろう。儀式で使われる道具や家宝もここで保管された。
  • 根城 本丸 主殿 主殿。L字型をしているのは南部氏の特徴である。
  • 根城 本丸 主殿 主殿を裏側から見る。本丸全体は発掘調査が行われ、2万にも及ぶ柱穴や井戸跡などが見つかり、それをもとに16世紀末(八戸政栄)の時代の本丸主殿が復元された。
  • 根城 本丸 主殿 主殿を裏側から見る。城主が来客と接したり、行事を行うための建物で、城内で最も重要な建物と言えるだろう。儀式で使われる道具や家宝もここで保管された。
  • 根城 本丸 主殿 上馬屋。主殿に隣接していて、城主用の馬小屋であった。南部地方は名馬の産地であり、当主ともなればその中でも最高の馬を所有していたのだろう。そのような最高峰の馬がこの馬小屋で暮らした。
  • 根城 本丸 主殿 城主用の馬小屋である上馬屋で飼われる馬。南部地方は名馬の産地であり、当主ともなればその中でも最高の馬を所有していたのだろう。そのような最高峰の馬がこの馬小屋で暮らした。
根城写真撮影スポット紹介

本丸全体は発掘調査が行われ、2万にも及ぶ柱穴や井戸跡などが見つかり、それをもとに16世紀末(八戸政栄)の時代の本丸主殿が復元された。城主が来客と接したり、行事を行うための建物で、城内で最も重要な建物と言えるだろう。儀式で使われる道具や家宝もここで保管された。

写真

主殿。城主が来客と接したり、行事を行うための建物で、城内で最も重要な建物と言えるだろう。儀式で使われる道具や家宝もここで保管された。

主殿。城主が来客と接したり、行事を行うための建物で、城内で最も重要な建物と言えるだろう。儀式で使われる道具や家宝もここで保管された。

主殿。L字型をしているのは南部氏の特徴である。

主殿。L字型をしているのは南部氏の特徴である。

主殿を裏側から見る。本丸全体は発掘調査が行われ、2万にも及ぶ柱穴や井戸跡などが見つかり、それをもとに16世紀末(八戸政栄)の時代の本丸主殿が復元された。

主殿を裏側から見る。本丸全体は発掘調査が行われ、2万にも及ぶ柱穴や井戸跡などが見つかり、それをもとに16世紀末(八戸政栄)の時代の本丸主殿が復元された。

主殿を裏側から見る。城主が来客と接したり、行事を行うための建物で、城内で最も重要な建物と言えるだろう。儀式で使われる道具や家宝もここで保管された。

主殿を裏側から見る。城主が来客と接したり、行事を行うための建物で、城内で最も重要な建物と言えるだろう。儀式で使われる道具や家宝もここで保管された。

上馬屋。主殿に隣接していて、城主用の馬小屋であった。南部地方は名馬の産地であり、当主ともなればその中でも最高の馬を所有していたのだろう。そのような最高峰の馬がこの馬小屋で暮らした。

上馬屋。主殿に隣接していて、城主用の馬小屋であった。南部地方は名馬の産地であり、当主ともなればその中でも最高の馬を所有していたのだろう。そのような最高峰の馬がこの馬小屋で暮らした。

城主用の馬小屋である上馬屋で飼われる馬。南部地方は名馬の産地であり、当主ともなればその中でも最高の馬を所有していたのだろう。そのような最高峰の馬がこの馬小屋で暮らした。

城主用の馬小屋である上馬屋で飼われる馬。南部地方は名馬の産地であり、当主ともなればその中でも最高の馬を所有していたのだろう。そのような最高峰の馬がこの馬小屋で暮らした。

[PR]根城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

続・東北の名城を歩く 北東北編: 青森・岩手・秋田 飯村均・室野秀文編集

今日から歩ける!超入門 山城へGO! 萩原さちこ

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

よみがえる日本の城

おすすめの本一覧へ
Page Top