大坂城 大手門多聞櫓 | 日本の城写真集

大坂城 大手門多聞櫓 | 日本の城写真集

  • 大坂城 大手門多聞櫓 大手門のすぐ外から見る多聞櫓
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓。徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓の門を二の丸側から。石垣の組み方が独特で、複数個の巨石の間に平たい石を組み込んでバランスを保っている。
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓の門を二の丸側から
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓の門を二の丸側から。右手の石垣を見る。
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓内には床が設けられている
  • 大坂城 大手門多聞櫓 多聞櫓内には床が設けられている
  • 大坂城 大手門多聞櫓 切込ハギの美しい多聞櫓内の石垣。目地には漆喰が施されている。
  • 大坂城 大手門多聞櫓 鉄張りの堅固な門
大坂城写真撮影スポット紹介

徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。

写真

大手門のすぐ外から見る多聞櫓

大手門のすぐ外から見る多聞櫓

多聞櫓。徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。

多聞櫓。徳川家による大坂城築城時に建てられたが、天明三年(1783)に落雷により焼失し、その後嘉永元年(1848)に再建されたものが現在の門。

多聞櫓の門を二の丸側から。石垣の組み方が独特で、複数個の巨石の間に平たい石を組み込んでバランスを保っている。

多聞櫓の門を二の丸側から。石垣の組み方が独特で、複数個の巨石の間に平たい石を組み込んでバランスを保っている。

多聞櫓の門を二の丸側から

多聞櫓の門を二の丸側から

多聞櫓の門を二の丸側から。右手の石垣を見る。

多聞櫓の門を二の丸側から。右手の石垣を見る。

多聞櫓内には床が設けられている

多聞櫓内には床が設けられている

多聞櫓内には床が設けられている

多聞櫓内には床が設けられている

切込ハギの美しい多聞櫓内の石垣。目地には漆喰が施されている。

切込ハギの美しい多聞櫓内の石垣。目地には漆喰が施されている。

鉄張りの堅固な門

鉄張りの堅固な門

[PR]大坂城が載っている本

日本100名城公式ガイドブック

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編 仁木宏、福島克彦編集

大阪府中世城館事典 中西裕樹著

47都道府県別 よみがえる日本の城 香川元太郎著

ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城 香川元太郎(イラスト)

廃城をゆく 7 “再発見"街中の名城

一城一話55の物語 戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ 松平定知著

豊臣大坂城 笠谷和比古、黒田慶一著

大坂落城 戦国終焉の舞台 渡邊大門著

築城の名手 藤堂高虎 福井健二著

おしろツアーズ

石垣の名城 完全ガイド 千田嘉博著

日本の城辞典 千田嘉博監修

地理と地形で読み解く 戦国の城攻め 渡邊大門編著

司馬遼太郎と城を歩く 司馬 遼太郎

歴史REAL 天下人の城

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版 來本雅之著

カラー図解 城の攻め方・つくり方 中井均監修・かみゆ歴史編集部編著

日本の城事典 千田嘉博著

日本100名城めぐりの旅 萩原さちこ著

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 萩原さちこ著

地理と地形で読み解く 戦国の城攻め 渡邊大門著

城を攻める 城を守る 伊東 潤

廃墟となった戦国名城 澤宮 優

よみがえる日本の城1

おすすめの本一覧へ
Page Top